GISELe

2020/03/07

業界ファン多数! スタイリスト・樋口かほりさんの「今日から使える」コーディネート

GISELe編集部

「コーディネートの考え方」


BETTER WAY?
(今っぽさは、ひかえめにしてこそちょうどいい)

トレンドに振り回されたくないと思う半面、今っぽさがないのもちょっとつまらない。惹かれる「今季ならでは」のアイテムがあるなら、「ミーハーに見えないとり入れ方」に着目するのも1つの手。

CASE - 01 | LEATHER PANTS
「色をなじませてレザーの存在感をあえて消す」
「今季はレザーのあたり年。その勢いは小物を超えて服にも浸透。難易度の高いアイテムではありますが、同色にとけ込ませれば目立ちにくい。なじませつつ、ウールやニットなどの素材とのメリハリも同時に楽しめます。」

ワントーンに隠れて「ツヤ」として働くレザーの役回り
〈右〉共布ベルトつきブラウンシャギーコート 34,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ 渋谷店) ブラウンレザートップス 35,000円+税、レザーレギンスパンツ 39,000円+税/ともにTHE NEWHOUSE(アーク インク) ローファー 36,000円+税/REGAL(リーガル コーポレーション) スタイルUPもクリア。


CASE - 02 | SCARF COMBINED BLOUSE
「スカーフの主張は後ろで結んで流すように」
「ボウタイやスカーフをあしらったようなデザインブラウスは、今季らしさを物語る存在。ただ顔まわりがグッと華やぐことで、非日常的に映える懸念も。前やサイドではなく、“後ろ”で結ぶだけで、親近感を保てるように。」


「結ぶ位置」で見違える華やかなブラウスとのつきあい方
〈左〉ネイビーキルティングコート 38,000円+税/Jilky ネイビースカーフネックブラウス 24,000円+税/ルシェルブルー(ルシェルブルー 総合カスタマーサービス) ニットレギンス 13,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE 表参道本店) スニーカー 7,900円+税/ムーンスター(ムーンスター カスタマーセンター)


WARM UP!
(寒い日をチャンスととらえたコーディネート)

ノンストレスを重視するあまり、「それなり」で済ませてしまいがちな寒い日のコーディネート。「あったかくてアガりどころがある」スタイリングなら、その日のモチベーションすら変わってくる。

+ DOWN JACKET
「仕込めるダウンを有効活用」
「ザ・ノース・フェイスの「サンダーラウンドネックジャケット」は、保温性に優れていながら、ごく軽量でインナーとしても活躍。“寒さ”と“着たい服”をつないでくれるような存在です。」

「オシャレな防寒」を物語るレザーグローブの選択
共布ベルトつきキャメルフェイクファーコート 32,000円+税/ルシェルブルー(ルシェルブルー 総合カスタマーサービス) 黒ダウンジャケット 25,000円+税/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター) 中に着たタートルネックニット 16,000円+税/THIRD MAGAZINE 黒スエットスカート 28,000円+税/カオス(カオス新宿) グローブ 8,091円+税/COS(COS 銀座店) ブーツ 29,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム)


OVERSIZE & SUPER LONG
「あり余るコートにくるまれて完結」
「たとえば外で過ごすことが多い1日などは、納得のいくコートに頼り切るのも手。足首までおおうようなロング丈と独特のボリュームを生かして、ドレスのような感覚で完結させて。」

迫力のあるコートも、和らぐ色なら手が届く
共布ベルトつきアイボリーコート 35,455円+税、ロングブーツ 35,455円+税/ともにCOS(COS 銀座店) 白タートルネックカットソー 6,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) わずかにのぞくタートルネックとブーツ。コートのトーンに合わせたやさしい白のリンクでこだわりを。肉感が気になることもある細身のボトムやラクなニットパンツも、コートでおおえば気にならない。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya(model), Yuki Ueda(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Viktoriia Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando