GISELe

2020/03/07

業界ファン多数! スタイリスト・樋口かほりさんの「今日から使える」コーディネート

GISELe編集部

「コーディネートの考え方」


1 to 3
(樋口さんのプライベートにもいえる、コーディネートを支えるアイテム)

仕事でも自身の私服でも。コーディネートに「あるといい」ものを披露。1つ、2着、週3…、「数字」で読む、樋口さんの日々を支えるものとは?実際に愛用している私物も公開。


1 HERMES “BIRKIN”
「黒いバッグは本当にいい1つがあれば」

「シーンレスに使える黒バッグは、それなりのものを持っておきたいと思って購入。何度も買いかえるより、大げさかもしれませんが、人生で大切にしたい1つととらえると、実はコスパもいい。年を重ねたとき、使い込んだ状態を愛用する楽しみも広がります。」


2 USED CLOTHES
「シーズンごとに買いかえる2着の古着」

「年じゅうクローゼットの中心にあるから、季節ごとに買いかえたい2着。季節に合わせて、デニムの色やスエットのサイズを吟味。買いかえ頻度が高いので、リーズナブルな古着で。」
ネイビースエット 1,000円+税、ブルーデニムパンツ 4,900円+税/ともに原宿シカゴ 神宮前店


3 SHOES
「残りの冬、3足だけで過ごすとしたら?」

「着まわし特集でも似たタイプを紹介していますが、これから残りの冬、最低限で選ぶならこの3足。ブラウン系の服が多い今季は、茶系が1足あるとバランスがとりやすい。」
〈右から時計回りに〉黒スニーカー 9,500円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) キャメルショートブーツ 8,900円+税/RANDA コインローファー 34,000円+税/REGAL(リーガル コーポレーション)


3 TOPS
「週3まわしたいインナー」

「たとえば同じ黒ニットでも、この3枚をそれぞれ中に仕込むことで、カジュアル、クラシック、モードなど、まったく違う3つの表情に変わる。ニット以外にスエットを重ねるのもアリ。」
〈上から時計回りに〉白シャツ 30,000円+税/JAN MACHENHAUER(メイデン・カンパニー) 黒タートルネックニット 17,000円+税/ソブ(フィルム) 白クルーネックロングTシャツ 4,900円+税/アップサイクル(メイデン・カンパニー)


2 EYEWEAR
「年じゅう使える2タイプ」

「クールなサングラスか、和らぐ眼鏡か。服を着たあと、最後に足すことでスタイリングの方向性を定めてくれるアイウエア。黒よりもなじむ色のほうが服も選ばず使いやすい。」
〈右から〉ブラウンレンズサングラス 28,000円+税/BLANC ブラウンマーブルフレーム眼鏡 25,000円+税/LAVID ベーシックなデザイン。


1 Cartier “TANK”
「アクセを盛るよりアガる1つ」

「仕事のときは動きやすくラフな装いが多いのですが、時計1つで印象も自分の気分も高まる気が。30才の誕生日など、記念になるタイミングに自分で買うと、より愛着が増すと思う。」
時計/樋口さん私物
CREDIT: Photography_Shohei Kanaya(model), Yuki Ueda(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Viktoriia Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando