GISELe

2020/03/08

人気スタイリスト・樋口かほりさんが求める「服とメイク」のよりよい関係

GISELe編集部

「コーディネートの考え方」

毎号の表紙や特集をはじめ、GISELeの核となる樋口さんのスタイリングは、毎号の反響の大きさに加え、プレスなど業界にもファンが多数。その理由は、“自分が着るなら?”というリアルな視点と、“難しく考えすぎない”スタンス。「リアルを重視するプロ」という立場から発信される、樋口さんならではの発想は、今日から使えるアイディアに満ちている。


MAKE-UP TALK
(メイクがうまくなる服とは?)

「ヘアもメイクも、コーディネートの大切な一部」という樋口さん。毎号GISELeでもおなじみのヘア&メイク・小澤麻衣さんと語る、よりよく見える「服とメイク」の関係性をヒヤリング。


STYLE 01

SWEAT TOP + SPARKLE EYES
「スエットに必要な目元のひと手間」


ネイビースエット 1,900円+税/原宿シカゴ 神宮前店 パンツ 17,000円+税/AKTE カチューシャ 11,000円+税/baebae(アイクエスト ショールーム) ショートブーツ 8,900円+税/RANDA 「目元のラメとドレッシーなカチューシャを、スエットに合わせるというギャップが新鮮。スエットのスタイリングの幅がまた広がりそう」(樋口さん)

<HOW TO MAKE-UP?>
「肌なじみのいい2色をMIX」

〈右〉SHISEIDO オーラデュウ プリズム 02 3,600円+税/資生堂インターナショナル チークにもリップにも使える。さらっとしたつけ心地。〈左〉スモール アイシャドウ メモリーズ オブ スペース 2,500円+税/M・A・C 発色のいいカナリアイエロー。

【HOW TO】
アイホール全体にゴールド系のアイシャドウ〈右〉を。イエローのアイシャドウ〈左〉をブラシにとり、上まぶたにオン。黒目のまん中の位置から、目尻にかけて色をのせるイメージ。イエロー単色より、印象的なまなざしに。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya(model), Yuki Ueda(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Viktoriia Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando