GISELe

2020/03/07

着まわしアイディア20選|2020 春夏コレクション「最旬アイディア」

GISELe編集部

テクニックの「新たなサイクル」

注目したい組み合わせのアイディアが満載の春夏コレクション。着まわしのレパートリーをさらに増やすべく、今からとり入れたい最旬のネタ集をお届けします。


01-「美形な服でカラーを試す」

シャツにハイウエストパンツの品よく女性らしい装い。キレイめな形を選べば、ライトブルー&グリーンと上下に色を使っても知性を保てる。肌を少しのぞかせ、抜け感をつくるのもコツ。


02-「かための服にシアーなインナー」

まじめすぎたりモードすぎたりと、ときに難しい地厚な生地のアウター。シアーな服を仕込むと、顔まわりが一気にやわらかい印象に。軽やかな素材を味方に、強い色をとり入れるのも手。


03-「粗めのニットにつややかなサングラス」

ツヤッとした質感のサングラスが、ドライな肌ざわりのニットにリュクスな雰囲気を演出。クリア素材の眼鏡やサングラスは、顔へのなじみがよく自然に着用できるところも魅力。


04-「レディなプリーツと紳士な足元」

パンプスほど気張らずスニーカーほどラフにならないローファーは、上品にゆれるプリーツスカートのハズしに好都合。+くしゅくしゅとさせた肉厚な靴下で、寒さ対策とこなれ感を両得。


05-「知的なシャツとライダース」

まじめとふまじめ、相反するイメージを持つアイテムをレイヤード。シャツのえりをのぞかせるだけのさりげないアレンジながら、武骨な見た目のライダースに品格を上乗せできる。

CREDIT: Cooperation_AFLO Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa