GISELe

2020/03/22

防寒できるのにすっきり見え! 「黒スキニー」おすすめスタイル11選

GISELe編集部

寒くない「黒スキニー」

ブーツやソックスなどで防寒を意識した真冬の足元を、すっきりとバランスよく整えてくれる黒スキニー。そんな冬の装いにとって好都合なスキニーを使った「足元ありき」のベストな組み合わせを追求。


BEST SKINNY?
お尻を包み込む高めのウエストから足首まで余すところなくフィットする、ムダのないシルエット。伸縮性に優れたやわらかな生地を使用し、細身ながらはき心地のよさを実現。
23,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム)


- 01 -
 + TIGHT SHORT BOOTS 
スキニーからつなげるように「細身のショートブーツ」
「ほっそりとした中にも個性」を演出

足首から下をおおってくれるタイトなショートブーツ。すらりとした見た目を足先まで保ちながら、スキニーとは異なる色や質感がアクセントとなって、冬の装いにメリハリが誕生。


WHITE BOOTS
「肌を見せずとも抜けをつくる潔い白を相棒に」
足元の新定番となった軽やかな白ブーツ。黒スキニーとの強いコントラストにより、ウォーミィなボアコートもすっきりと見え、着ぶくれを回避。

黒スキニーは着まわし。ボーダーニット 6,400円+税/ミラ オーウェン チャコールグレーボアコート 26,800円+税/AMERI(Ameri VINTAGE) ベルト 5,900円+税/Vicente 白ショートブーツ 20,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 靴下/スタイリスト私物


GLOSSY MATERIAL BOOTS
「ニュアンシーなエナメルがニットの格上げに効果を発揮」
落ち着く黒でまとめた下半身の重さをさりげなく引き算し、シンプルなスタイリングのクラスアップにも有効な、光沢感のあるブーツ。特徴的なヒールがスパイスとなって、ざっくりニットを都会的に。

黒スキニーは着まわし。タートルニット 7,900円+税/エルーラ(アダストリア) アームカバー 9,500円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) 靴下 1,600円+税/ブロンドール(Blondoll 新丸の内ビル店) ショルダーバッグ 5,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) ブーツ 29,000円+税/カミング アトラクションズ(アースマーケティング) ニットと同じような色と編み目でそろえたアームカバーもあたたかさに貢献。


POINTED TOE BOOTS
「洗練度を上げる先端までの鋭いフォルム」
腰から下のスレンダーさをつま先まで引き継ぐ、ヒールもきゃしゃなポインテッドトゥ。発色のいいエレガントなロングコートと相まって、気品漂うスマートで女性らしい印象をマーク。

黒スキニーは着まわし。ベルトつきスタンドカラー白シャツ 9,000円+税/Ungrid コート 25,000円+税/AMAIL ピアス 19,000円+税/Laura Lombardi(カレンソロジー 新宿) バッグ 33,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) ブーツ 36,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa ウエストマークされたシャツなら、脚長効果も期待できる。


BROWN LACE-UP BOOTS
「黒となじみのいい濃厚ブラウンでカジュアルダウン」
映える赤ワンピに落ち着きをもたらすシャープな黒スキニー。足元には、黒同等の気品をかもしながら、赤×黒配色を気どらない印象へと仕上げるビターなブラウンを抜擢。編み上げでのっぺり感も回避。

黒スキニーは着まわし。赤ワッフルワンピース 6,900円+税/ベイフロー(アダストリア) ピアス 32,000円+税/レム(ennpr.) 靴下 1,200円+税/タビオ ストール 59,000円+税/MAYDI(カオス新宿) ブーツ 19,000円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 足元をシックな黒とブラウンでまとめれば、主張の強い赤も親しみやすく。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company) Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Eva Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi