GISELe

2020/03/27

トレンドだから覚えておきたい「美しく・オーバーサイズ」のすすめ

GISELe編集部

美しく・オーバーサイズ


02
「けだるい女っぽさをつくる4つの選択肢」

ゆったりとした服と体との余白が連想させる、きゃしゃで女らしいたたずまい。ボディラインを出さずとも、無理なく色っぽさを感じさせる理想のバランスに。


<VOLUME SLEEVE BLOUSE>
「愛らしさも上乗せできるふっくらとしたそでフォルム」
曲線を描くフェミニンなボリュームそで。肩のフリルやギャザーを寄せてできたAラインな身ごろとの振り切った甘さで、モードとはひと味違う強さと存在感を堪能。

ふんわりとした形と色に深みをもたらすレザーの重たさ
白フリルシャツ 26,000円+税/テン バイ ロンハーマン(ロンハーマン) ベージュレザーパンツ 18,000円+税/シティショップ、バケットバッグ 135,000円+税/ハトリ(ともにシティショップ) 白ブーツ 12,000円+税/STUDIOUS(ステュディオス 渋谷店)


<BIG SWEAT>
「メンズライクなスエットも有り余るサイズなら逆にレディ」
立体感のあるフレアすそとゆったりとしたドルマンスリーブ。ユニセックスなアイテムにしか出せないシルエットの中で泳ぐ体が、ほっそりとした見た目づくりに貢献。

落ち感のあるサテンスカートがボリュームを穏やかに引き算
白スエット 24,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ピンクサテンスカート 35,000円+税/Lautshi(ブランドニュース) ベージュ巾着バッグ 35,000円+税/VASIC(TOMORROWLAND) 清潔感のある白なら、カジュアルなスエットもキレイめ仕様に。


<WIDE PANTS>
「ソフトなゆれ感がパンツ姿をエレガントに引き寄せ」
ドローコードでキュッとしぼったハイウエストから、ストンと落ちるなめらかなテクスチャー。動きに合わせてなびくエアリーなすそで、スカートとは異なる女っぽさへ着地。

シンプルなグレーを格上げするニュアンスをまとったキレイ色
グレークルーネックニット 24,000円+税/Bed&Breakfast(Greed International Tokyo Store) パープルワイドパンツ 39,000円+税/UJOH(ブランドニュース) ブラウンハンドバッグ 55,000円+税/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) 白シューズ 62,000円+税/マルティニアノ(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店) 


<VOLUME KNIT>
「鎖骨を自然と引き立てるアンニュイなずるっと感」
ざっくりと編まれた重みのあるローゲージニット。通常よりも横に広がった首の開きや、長めのそでからのぞく効果的な肌見せによって、計算いらずのセンシュアルが図れる。

シックなモノトーンも抜け感ニットのおかげでカジュアルダウン
ニット 60,000円+税/ギャルリー・ヴィー(GALERIE VIE 丸の内店) 黒パンツ 13,000円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 渋谷店) サングラス 19,000円+税/A.D.S.R.(4K) ピアス 3,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) バッグ 43,000円+税/NICO GIANI(スタニングルアー 青山店) 上質なシルク糸を使用。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Polina Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi