GISELe

2020/03/31

デニムによる、デニムのための服|その万能さにあまえて着たい9つのスタイル

GISELe編集部

「デニムによる、デニムのための服」

服の中でも「デニムが似合う人」という表現は、例外なくほめ言葉にあたると思う。デニムにはそんなポジティブな魅力と、かわりのきかない何かがある。だからこそ、あらためて「素敵なデニム姿」だけに焦点をあてたい。理由はあとからついてくる。デニムをよりよく見せるためのインスピレーション。


「こんなときこそ、デニムの出番」

あらためてやってみたいことや新しいことを始めるきっかけ、ちゅうちょしていた「攻め」の選択など。デニムにそなわる万能さが、そんな願望や期待にこたえてくれる。


何年たっても色あせないデニムとボーダーに立ち返る

ブラウン×白ボーダートップス 4,900円+税/Ungrid 肩にかけたブラウンスエット 8,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ 渋谷店) デニムパンツ 12,800円+税/ROLLA’S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) サングラス 30,000円+税/LAVID スニーカー 5,800円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) 黒×白ではなく、ブラウン×白のボーダーで、無難すぎないわずかな気分転換からスタート。


“かわいいトップスをならす目的”

見た目につい惹かれながらも、単体だと少々甘いデザイントップスに必要なカジュアルダウン。簡単かつ明快にくだけた印象へと変化する、「デニム」の力の見せどころ。


PIN DOT SHIRT
とろみシャツと無骨なデニム。テクスチャーでもギャップを意識


グリーン×白ドットシャツ(メンズ) 36,000円+税/エキップモン(サザビーリーグ) ロールアップデニムパンツ 10,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ 渋谷店) ショートブーツ 9,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) ガーリーなドットもBIGシャツなら甘すぎない。渋いグリーンとインディゴの深みのある配色も甘さひかえめに見える理由。


FRILL BLOUSE
TOO MUCHな甘さには、よりカジュアルなデニムをぶつける

白フリルブラウス 29,000円+税/ルール ロジェ(ブランドニュース) ウォッシュデニムオーバーオール 46,000円+税/RH ヴィンテージ(ロンハーマン) サングラス 42,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(Eye’s Press) サンダル 34,000円+税/JANE SMITH(UTS PR) デニムの中でもよりラフな古着風のオーバーオールだからためせる、ガーリーな白をレイヤード。


“赤の気分、白の気分”

ある意味派手な色よりも意思を感じさせ、存在感を放つこの2色。デニムが入ることで、その独特な印象も和らぐ効果が。赤と白をよりよく見せるために選ぶべきデニムとは?


トーンの異なる白を重ねてシンプルな中に奥行きを

白ビッグタックシャツ 32,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) 肩にかけたニット 6,990円+税/SLY、白カットオフデニムパンツ 15,000円+税/BLACK BY MOUSSY(ともにバロックジャパンリミテッド) シューズ 16,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) これでブルーデニムだとやや無難。くすんだ白デニムにすることで、カジュアル以上のたたずまいに。


切っても切れない「赤とブルーデニム」のゆるぎない関係

赤ギャザーブラウス 31,000円+税/FUMIE TANAKA(ドール) ウォッシュデニムパンツ(3月発売予定) 12,800円+税/ROLLA’S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) お互いを高め合う、赤とブルーデニムの安定感のある配色。どこかなつかしいデニムのあせたニュアンスが、たっぷりとギャザーが入った特別感のある赤ブラウスを、より華やかに引き立てる。

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca・model), Yoshihito Ishizawa(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Gabrielle Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando