GISELe

2020/04/01

今年の靴&バッグどうする?|買う前に知っておくべき「トレンド傾向」4選

GISELe編集部

これからも「レザー」・これからは「スエード」

旬素材であり、目新しいデザインも落ち着かせる。まずはレザーで話題の小物をピックアップ。引き締め力の高いハードな質感に加え、しなやかに深みを足すスエードもこれからの軽快な装いに欠かせない。品よく整う2つの素材から、先を語れる靴&バッグを更新!
※( )内の数字は、バッグは縦×横×マチ、靴はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。


 RESEARCH 
コレクションから読みとる「これからの傾向」

各都市で行われた春夏コレクションから、押さえておきたいキーワードをキャッチ。まろやかな色みやかっちりとしたシルエットなど、派手ではなく“上品な強さがある”デザインがラインアップ。


TOPIC 01
「白みがかったキレイ色」

春らしい淡い色も、今季は白がまじったようなクリーミィな色でキーカラーとして再注目。あいまいな色みになったことで甘くなりすぎず、黒やグレーなどの辛口なスタイリングともなじみがいい。


TOPIC 02
「バッグはミニマル化」

角張ったフォルムや装飾が少ないものなど、シンプルにそぎ落とされたバッグがさまざまなブランドからお目見え。シャープさが増したルックスで、ベーシックカラーでもさりげないアクセントに。


TOPIC 03
「引き続き柄は“なつかしく”」

70’sムードが漂う今シーズン。こっくりとした色みやボヘミアンな模様の、効かせ役となる柄もレトロなムードで上品に。深みが増した柄小物ならキレイめな印象のまま、ムードを変えてくれる。


TOPIC 04
「黒とベージュは整えるより“ハズし”役」

あらゆるコーディネートをまとめてくれる、黒とベージュの小物。アンバランスな形やバイカラーなど、ひとクセある見た目で、整える以上にもの足りなさを補うものとして、トレンド最前線に浮上。

CREDIT: Photography_Koichi Sakata Styling_Natsuko Deguchi Cooperation_AFLO Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige