GISELe

2020/04/11

白とベージュの「組み合わせの正解」18選|なじみのある配色の相乗効果とは?

GISELe編集部

白とベージュの「さらにいい関係」


02 / 「エクリュとピンクがかったベージュ」

白もベージュもあいまいな色みを選べば、装いはシンプルでも今季らしいムードに。さらに、肌なじみもアップし着こなしやすいなど、ニュアンシーな白とベージュなら好都合な連鎖が生まれる!


004_NUDIE SHEER FEELING
上下の境界線をあいまいにしてエフォートレスな立体感を
ほのかにピンクみを帯びたベージュのシャツを、オフホワイトのボディスーツを包むようにはおる。お互いがとけ込むようなグラデーションで奥行きをつくり、単調さを回避した上品なスタイリング。

白バックオープンリブニットボディスーツ 5,000円+税/Ungrid ベージュシースルーロングシャツ 30,000円+税/FUMIE TANAKA(ドール) オフホワイトダッドパンツ 7,980円+税/MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) バッグ 15,800円+税/PALOROSA(フレームワーク ルミネ新宿店) ローファー 14,900円+税/A de Vivre


005_UPDATE BASIC
単純なワンツーでこそ生きる素材のよさが高まる色み
ニットの穏やかな素材感&色みとVネックのシャープな肌感が好相性。デニムの無骨な質感も、くすんだトーンの白が作用し、味わいは残したまま女性らしく好転。

ベージュVネックニット 13,000円+税/アダム エ ロペ 白デニムパンツ 15,000円+税/BLACK BY MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) サングラス 33,000円+税/BLANC ショートブーツ 12,000円+税/STUDIOUS(ステュディオス 渋谷店)


006_LONG&LEAN
甘くぼやけた配色でロング&リーンの組み合わせをレディに昇華
シャツワンピのかっちり感に適度な甘さを加えるピンクベージュ。アイボリーのワイドパンツを重ねたロングシルエットにしても、フォギーな配色で間のびせず、洗練されたIシルエットに。

ピンクサイドスリットシャツワンピース 23,000円+税/BLACK BY MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) アイボリータックワイドパンツ 10,000円+税/Ungrid シューズ 11,000円+税/アダム エ ロペ

CREDIT: Photography_Eizo Kuzukawa Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Eto Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Text_Ai Watanabe Composition_Tomoyuki Kaneyama