GISELe

2020/04/11

白とベージュの「組み合わせの正解」18選|なじみのある配色の相乗効果とは?

GISELe編集部

白とベージュの「さらにいい関係」


03 / 白とベージュ「どちらも白っぽくする」

まじり気なしの白やベージュだと気張った印象になるワントーンも、白に近いベージュとベージュに近い白の「白っぽい」組み合わせなら親しみやすい。上下どちらかにきちんと感をとり入れれば、濃淡をつけない配色も引き締まる。


007_SOFTNESS&SHARPNESS
縦に流れるような質感どうしでやさしさとシャープさを両立
ふっくらしたゆるニットが、ミルキーなワントーンの心地よさを助長。シルキーなスラックスとの間に挟んだ純白が切れ味を追加し、緊張感を生むことでぼやけた輪郭を引き締めて。

アイボリーリボーンニット 49,000円+税/STUDIO NICHOLSON(キーロ) 中に着たTシャツ 8,800円+税/アダム エ ロペ アイボリーシルクパンツ 64,000円+税/ロンハーマン サングラス 30,000円+税/LAVID ビーサン 10,000円+税/ティキーズ(RHC ロンハーマン)


008_RELAX MODE
小さくエッジィなディテールでフェミニンなフォルムを大人っぽく
丸みを帯びたボリュームシャツとバルーンスカートで全身やわらかい曲線に。シルエットと色はやさしくても、小さなえりとシルバーのボタンがアクセントになり、端正な仕上がり。

ライトベージュバックボリュームシャツ 18,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) ライトベージュバルーンスカート 39,000円+税/ボーメ(クルーズ) バッグ 10,000円+税/AKTE サンダル 10,900円+税/A de Vivre


009_THINNESS&THICKNESS
硬派なスタイルに隙を与えるくだけたスエットづかい
ジャケットとパンツに、デイリーなスエットをフロントだけタックイン。そでをまくりつつ、足元もサンダルでラフに着くずし、柔和なグラデーションに身をまかせれば、まじめすぎないバランスが完成。

アイボリースエット 5,980円+税/MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) 手に持ったライトベージュリネンテーラードジャケット 42,000円+税、ベージュリネンスラックスパンツ 24,000円+税/ともにガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) サンダル 9,900円+税/A de Vivre

CREDIT: Photography_Eizo Kuzukawa Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Eto Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Text_Ai Watanabe Composition_Tomoyuki Kaneyama