GISELe

2020/04/14

究極のベーシック「黒」ワードローブ18選|同じ色でも配役があるセレクション

GISELe編集部

愛すべき、黒専用のワードローブ計画



D_「かわいい黒」

<D-1>
黒だから選べるレディなドットの楽しみ

パンツ 30,000円+税/セミクチュール(アクアガール渋谷) キレイめに見せるタック入りなら、ガーリーなイメージのドットも「かわいく、シック」な絶妙のバランス。

<D-2>
黒の強気を利用して甘くなつかしいフリルの選択

フリルブラウス 9,000円+税/Ungrid フロント全面にあしらった、わかりやすく甘い大胆なフリルづかいだからこそ、色の強さとのギャップが引き立ってより印象的。


E_「名脇役の黒」

<E-1>
引き締めたり抜け感を出したり相棒に応じて力を発揮

タンクトップ 9,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) 1枚で着ても色っぽすぎない形と仕立てのよさで、真夏にも活躍。

<E-2>
しのばせることで軽さと奥行きをもたらす役割

チェックチュールトップス 20,000円+税/ELIN(クルーズ) 透け感により、インナーとしてのぞかせるだけで軽やかな奥行きがかなう。黒なら引き締め効果も。


F_「端正な黒」

<F-1>
くずす前提で選ぶハンサムな黒

ジャケット 59,000円+税/ENFOLD まるでメンズサイズのような思いきったBIGシルエット。色も形も素材もベーシックだからこそ、独特のサイズ感をダイレクトに味わえる。

<F-2>
ハードなのにロックにならない品のよさ

レースアップブーツ 40,000円+税/REGAL(リーガル コーポレーション) すっきりとしたフォルムとウイングチップの正統派デザインで、ラフにはいてもほどよく上品。

<F-3>
正統派、でも今っぽさの象徴でもある存在

ローファー 14,900円+税/A de Vivre とくにリラクシーな旬のカジュアルとは相愛。「まじめ」を象徴するクラシックでトラッドなアイテムなのに、1つで今っぽく見えるから優秀。


G_「二役をこなす黒」

<G-1>
しっとりとした光沢を味方にハンサムかつエレガント

サテンタックパンツ 32,000円+税/デ・プレ ぬれたようなツヤのブラックサテンで、着こなし方によって紳士のタキシードのようにも、淑女のドレスのようにも。

<G-2>
どっちつかずだからいい「ドレッシーなつっかけ」

メッシュバブーシュ 19,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 肌とのコントラストできわ立つメッシュの透け感が、さりげなく色っぽい。
CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca_model),Koichi Sakata(still)Styling_Kaori Higuchi(KIND)Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON)Model_Eto Cooperation_WORLD NEIGHBORS KIYOSUMI-SHIRAKAWA Text_Yuko Takizawa Composition&Text_Chiharu Ando