GISELe

2020/04/17

美形ボトムに「心地よさ」をプラスするおすすめアイテム16選

GISELe編集部

「パンツの底上げ=美しさ+やわらかさ」

“しなやかさ”がキーワードとなる今シーズン。脚のラインを拾わず縦ラインをつくる美形ボトムも、やわらかい質感のものに注目。キレイかつ心地よい着用感、あらゆる服に力の抜けどころをつくり、スタイルUPもかなういいことずくめの新たなパンツを披露。


01
CENTER PRESS WIDE PANTS
「知性を保って快適に過ごす」

きちっとした見た目をつくるセンタープレスのワイドパンツは、ソフトな素材に変えることで「ラクしてきちんと」をかなえる。落ち感があることで、ゆったり長いトップスとの合わせも、もたつく心配は不要。



01-1
「とろみ素材の親しみやすい黒」
堅苦しさのある黒のプレスパンツは、ゆるい質感で緊張感をセーブ。おかげで、ローゲージニットのリラクシーなトップスとも相性抜群。

黒タックパンツ 16,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) ニット 7,000円+税/Ungrid タンクトップ 6,500円+税/ティッカ バッグ 9,200円+税/Beau’re×nano・universe、サンダル 9,500円+税/LEINER(ともにナノ・ユニバース カスタマーサービス)


01-2
「コクのあるブラウンも軽やか」
ほっこりしがちな濃いブラウンのワイドパンツ。くたっとした素材が軽さを出す一役に。首元がつまったシャツとの組み合わせもパンツのゆれ感のある風合いで抜けが生まれる。

ブラウンパンツ 20,000円+税/コンバース トウキョウ(コンバース トウキョウ 代官山) シャツ 12,000円+税/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ新宿店) バッグ 15,000円+税/ブリ― レオン(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ローファー 19,000円+税/タラントン by ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 


01-3
「クロップト丈で膨張感をセーブ」
動きの出るシルエットで、ハンサムな白パンツをエレガントに。着ぶくれしがちな幅広な白は、足首が出る短め丈を選びすっきりと。まじめな黒い服ともコンサバティブになりすぎない。

白パンツ 14,000円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOON ルミネ新宿) ジャケット 32,000円+税/ア ピューピル(デミルクス ビームス 新宿) トップス 32,000円+税/マインデニム(マインド) 靴 52,000円+税/ペリーコ(アマン)


01-4
「実直なグレーの渋みを抑制」
ハリ感がないことで、スーツっぽく見えがちなグレーのセンタープレスパンツもどこか女性的。ウエストマークした、体に凹凸感をつくれるトップスでさらにフェミニンな面持ちに。

グレーパンツ 14,000円+税/ラート(アーバンリサーチ プレスルーム) ブラウス 29,000円+税、バッグ 58,000円+税/ともにebure サングラス 36,000円+税/propo(プロポデザイン) サンダル 14,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Aoi Nagasawa Model_Baya Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige