GISELe

2020/04/17

美形ボトムに「心地よさ」をプラスするおすすめアイテム16選

GISELe編集部

「パンツの底上げ=美しさ+やわらかさ」


02
GLOSSY MATERIAL PANTS
「疲れず特別感のあるルックスに」

やさしげな風合い+ツヤ感のある素材なら、定番的な服との組み合わせでも、力まず華やぎのある仕上がりに。黒だとドレッシーになりすぎたり、白だとランジェリー風に見えたり。カジュアル感も、品もそなえたアースカラーでとり入れるのが正解。



02-1
「淡いベージュでさらに優雅な雰囲気」
ロングアウターに落ち感のあるパンツで縦にすっと流すように。生地に光沢があることでゆるいものどうしにメリハリを維持。白に近いベージュのマイルドな色だからシャイニーな質感の“派手すぎ”を回避できる。

ライトベージュパンツ 17,500円+税/アモーメント(フリークス ストア渋谷) コート 35,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) トップス 11,000円+税/ENFOLD タッセル風シューズ 36,000円+税/ロランス(ザ・グランドインク)


02-2
「紳士風な服装もLADYにとどまる」
サテン地のドレスライクなディテールで、白シャツ×ベージュパンツがメンズに傾かない。おなかまわりが引き締まる、幅広なウエストバンドだから、シャツをINして着るとくびれラインをつくることも可能。

ベージュタックパンツ 16,800円+税/メゾン スペシャル シャツ 11,000円+税/フレームワーク(フレームワーク ルミネ新宿店) バッグ 45,000円+税/YUZEFI(TOMORROWLAND) パンプス 32,000円+税/ロランス(ザ・グランドインク)


02-3
「同素材のトップスがしなやかさをUP」
グロッシーな素材感もブラウンの深みのある色で採用すれば、セットアップでたっぷりまとっても穏やかなまま。足元やバッグで小さく黒をトッピングしてあいまいなトーンに抑揚を意識。

パンツ 29,000円+税、シャツ 28,000円+税/ともにソブ(フィルム) 眼鏡 34,000円+税/ワンスリー コンパウンド フレーム(デュアル) バッグ 66,000円+税/ミチノ(プレッド PR) サンダル 29,000円+税/ペリーコ サニー(デミルクス ビームス 新宿)


02-4
「やんちゃにならないカーキ」
ワークっぽくなりがちなカーキパンツは、ツヤ×柔和な生地で大人らしく。ギャザートップスの甘い服を気張らずトーンダウンさせることに成功。足首にかけて細くなる形で太ももまわりもほっそり。

カーキパンツ 9,000円+税/Ungrid 黒ブラウス 16,000円+税/エトレトウキョウ バッグ 18,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) パイソン柄シューズ 15,000円+税/ル タロン グリーズ(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店)

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Aoi Nagasawa Model_Baya Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige