GISELe

2020/04/17

【旬の靴】GISELeおすすめ「黒とブラウン」で欲しいシューズ24選

GISELe編集部

黒とブラウンで欲しい靴


2 / まろやかな色の緩急づけにも
「表情豊かな涼しい素材」

メッシュや天然素材など、質感に特徴のあるシューズ。凹凸と風合いがあるから、あっさりとした色目のボトムの強弱づけも簡単。リゾートライクになりすぎない、きちんと感も含んだ形をリコメンド。


〈右〉なびくスカートに、同じく軽さを演出できるメッシュの黒が好相性。〈左〉抜けのあるメッシュパンプスで、ベージュの落ち着きを生かしながらエッジを加えることに成功。


1.「色香が漂うドットの透け」

メッシュシューズ(3.5) 8,800円+税/ル タロン(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店) ドットが入ることで、プレーンな装いの華やぎもUP。


2.「気品もかなえるサテン」

サンダル(6) 48,000円+税/ロートルショーズ(ティースクエア プレスルーム) リュクスな光沢感をもたらすサテンは、淡いグラデのワンポイントとしても有効。


3.「バレエシューズにも季節感」

メッシュバレエシューズ(1.5) 16,000円+税/Dhyana. メッシュの質感でバレエシューズを目新しく。ブラウンなら、肌なじみもよく試しやすい。


4.「シーンレスに使えるメッシュ」

メッシュパンプス(5.5) 28,000円+税/エトレトウキョウ 夏を先どる質感も黒だとシック。ゴツめの形が、淡いトーンの装いに重みを足したいときにも重宝。


5.「カジュアルすぎない形」

シューズ(1) 28,000円+税/YVONNE WASKA(エスケーパーズオンライン) しなやかなナチュラル素材も、黒だとラフになりすぎない。


6.「ドレッシーなナチュラル素材」

シューズ(1.5) 23,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa 小粒パールの装飾により、ライトな夏素材を上品に楽しめる。

CREDIT: Photography_Koichi Sakata Styling_Natsuko Deguchi Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa