GISELe

2020/04/18

人気のバンドカラーシャツ着回し6選|気分がアガる「この春欲しいシャツ」

GISELe編集部

「シャツは得する相談相手」


Q - SHEER MATERIAL
「旬な透けを試すなら?」

「重ねやすいデザイン&シックな黒なら簡単」
軽やかさや女らしさが出せる注目のシアー素材も、品よく収めるシャツのまじめさ。素材にインパクトがあるぶん、できるだけシンプルなほうが大人な雰囲気に。なかでも前開きのノーカラーならカーディガンのようにはおりやすく、スタイリングも考えやすい。まずは肌感が目立ちにくい黒を同色ドレスに重ね、デザインの一部のようになじませるところからスタート。

黒シアーブラウス 8,000円+税/Ungrid 黒キャミソールドレス 28,000円+税/ミッシング ユー オーレディー(アダム エ ロペ) 白ストール 42,000円+税/A SAUCE MELLER(フレームワーク ルミネ新宿店) 黒ストラップシューズ 33,000円+税/ENFOLD インナー選びに困りそうな透けシャツは、ワンピのように1枚でも成り立つものに合わせるくらいだとセンシュアルになりすぎず、気軽に着られる。全身黒でまとめても、透過性のある素材のおかげでさわやかな装いに。


Q - NEXT STYLES
「たまにはアガる服も着てみたい」

デザイン性のあるものやキレイ色など、気分転換としてとり入れたいスイッチが入るような服。端正なシャツを軸にすれば、気張らず日常に落とし込みやすく。


BLACK VOLUME skirt
「ドレスライクな黒のデザインスカート」
+
「あせ感のあるベージュでトーンダウン」
黒のマイナーチェンジが図れる、ドレッシーなスカート。存在感のある立体的なフォルムは、ニュートラルなベージュ&ルーズなシルエットのシャツで、デザインの迫力がマイルドに。

ブラウンシャツ 14,000円+税/イエナ(メゾン イエナ) 黒バルーンスカート 38,000円+税/ENFOLD ピアス 15,500円+税/ソクリー(スローブ イエナ 自由が丘店) ショルダーバッグ 22,000円+税/グリード インターナショナル(Greed International Fukuoka Store) ローファー 13,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ブラウン×黒の落ち着く暗めの配色も、デザインアイテムが着やすくなる秘訣。


MINT GREEN PANTS
「フレッシュなミントグリーンのパンツ」
+
「なじみのいい生成りで大人にシフト」
スタイリングに清涼感をもたらすミントカラーは形のキレイなパンツでエレガンスを意識。コントラストがつきすぎないソフトなアイボリーが相棒なら、カラーアイテムもやさしい仕上がり。

アイボリーシャツ 23,000円+税/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) テーパードパンツ 9,900円+税/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) ハット 35,000円+税/クライド(デミルクス ビームス 新宿) シューズ 12,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 淡色どうしのスタイリングでも重みが出せる、シャツの肉厚さ。鮮やかなオレンジハットが、あいまいな色合いを引き締める軽快なアクセントに。


PINK LONG COAT
「かわいいピンクのロングコート」
+
「長めの黒シャツワンピでシャープに引き締め」
ロング丈のチェスターコートでもかっちりしすぎない、淡い色と心地よいリネンの相乗効果。シャープな黒シャツワンピと一緒なら過ごしやすさはそのまま、シックな面持ちへと早変わり。

黒シャツワンピース 69,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ピンクリネンコート 98,000円+税/ebure ショルダーバッグ 15,000円+税/MARROW(4K) パンプス 19,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 小物までミニマルな黒に徹し、今の時期だから楽しめる薄軽なコートを主役づかい。


STRIPE pleats SKIRT
「テンション高めのストライプ柄」
+
「大きな白で包み込んで派手さを軽減」
見た目も気持ちもパッと明るくなる、鮮やかなマルチカラーのストライプ柄。少量でも映えるぶん、大きな白のロングシャツからのぞかせる程度にとどめて高い好感度を獲得。

白シャツ 28,000円+税/デ・プレ 柄プリーツスカート 49,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa サングラス 20,000円+税/A.D.S.R.(4K) シューズ 48,000円+税/カレル(アダム エ ロペ) オーソドックスな白でも着映えがかなう、柄の効能。フォルムをつなげてデザインワンピのようにとけ込ませれば気張っている感もなし。
CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair)Model_Alex Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Text_Rie Yokoyama Composition_Miyuki Kikuchi