GISELe

2020/04/27

トレンドカラー「淡くキレイな色」を着こなすには?|ただ甘い印象に陥らないコツ

GISELe編集部

「淡くキレイな色は重く着る」

シンプルな服でこそ楽しめる新たな配色。くすみがかった色が旬の今季、うまく装う第一手は「重み」を加えて、ただ甘い印象に陥らないように着ること。キレイな色自体もどんな色みで、そして組み合わせる重みとは? その2つの相性をもとに、成功へと導く方法をひもといていきます。


01
「広がるスカート・黒での重み」
バランスが整うAラインにあてはめて色をコンパクトにとり入れて

フィット&フレアの好相性な形の力を活用。ダスティカラーのトップス投入にあたり、まず「ベーシックな黒フレアスカートに合うか」で決めれば必然的に配色も、全体のバランスも整う。

ブルーマオカラーロングシャツ 23,000円+税/BACCA(TOMORROWLAND) 黒スカート 48,000円+税/ebure ピアス 14,800円+税/ベベ(アイクエスト ショールーム) リング 11,000円+税/ソワリー(スローブ イエナ 自由が丘店) 黒巾着バッグ 20,000円+税/MARROW(4K) パンプス 56,000円+税/ネブローニ(スタニングルアー 青山店)


02
「淡い色自体の質感に厚みを」
白が主役の甘い配色を浮かせず整えるしっかりとした素材

軽さをまとった白が軸になるこれから。そんな白に合わせるキレイな色こそ、しっかりとした厚みが必要。レザーやウールなど、秋冬の素材を組み合わせることが、コーディネートを落ち着いて見せる秘訣。

白ボリュームデザインワンピース 56,000円+税/シャイナ モート(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) イエローレザーパンツ 19,000円+税/TOMORROWLAND パールピアス 3,437円+税/アビステ パイソンバッグ 29,000円+税/MARROW(4K) バックストラップパンプス 39,000円+税/ブレンタ(プラージュ 代官山店)


03
「メンズライクなカーキを再稼働」
ピンクにレザー・ジャケットはカーキ。両方に辛さのニュアンスを含ませて
すそから出すなど少量ではなく、主役として使うときこそトップスに甘さをおさえる重さが必要。そこで出番にしたいのが淡くキレイな色と相性のいいカーキ。ひらつく素材感のボトムにも重量感を加える、ミリタリージャケットが、今季は手放せない相棒として復活。

カーキミリタリージャケット 9,800円+税/ロスコ(スローブ イエナ 自由が丘店) 白Tシャツ 12,800円+税/DIESEL(DIESEL JAPAN) ピンクレザーマキシスカート 98,000円+税/エブール フォー ロンハーマン(ロンハーマン) 腰にまいたカットソー 5,500円+税/ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店) ピアス 11,782円+税、チェーンブレスレット 7,637円+税/ともにアビステ 白ロープバッグ 27,000円+税/アリエニーナ(ショールーム セッション) トングサンダル 15,000円+税/ラオコンテ(エリオポール代官山)

CREDIT: Photography_Fumi Kikuchi(impress+) Yuki Ueda(still) Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Catharina Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama