GISELe

2020/05/08

シンプル好きが選ぶべき今旬スタイル10選|今季トレンドをふまえた「手堅い組み合わせ」とは?

GISELe編集部

「足しもせず、引きもしない」

今季のトピックスともいえる素材感や形、丈感などがアップデートされたアイテムで「手堅い組み合わせ」のリニューアルを敢行。「シンプルなデザインに惹かれ・シンプルに合わせる」。そぎ落としつつも、無難におさまらないスタイリングの可能性を追求。


01
リブニットとフレアスカート
「スカートの色や生地を重くして広がるフォルムにさらなる迫力を」
女性らしさを引き出すメリハリのあるフォルム。深く濃厚なブラウンやどっしりとした肉厚な生地など、スカートから色や素材の「あいまいさ」を払拭。ぼやけがちだった腰から下の存在感が増すことで、シルエットのコントラストを強めることが可能に。

白の相棒を黒から茶にシフトして配色でも目新しさを
リブニット 8,900円+税/フィルメランジェ フォー RHC(RHC ロンハーマン) スカート 9,900円+税/N.O.R.C ネックレス 16,500円+税/ジェニー バード×スローブ イエナ(スローブ イエナ 自由が丘店) バングル 4,400円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) バッグ 21,000円+税/CHRISTIAN VILLA(TOMORROWLAND) スニーカー 6,500円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) トップスも、カットソーより適度な重みが得られるニットがベター。


02 / LADY × CASUAL
ニットカーデとデニムパンツ
「デニムをブルーから白に変更しスラックスのように品のいいたたずまいに」
気どらない女らしさを演出してくれるニットとデニムにもこれからはどこかに品のよさを求めてみる。たとえばデニムの色。白が持つクリーンな面持ちが、さらなる好感度をもたらしてくれる。

すらりとした直線的なシルエットも、きちんと感へと導くポイント
カーディガン 38,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) 白デニムパンツ 10,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ピアス 25,000円+税/ANNIKA INEZ(メゾン イエナ) アイボリーバッグ 28,000円+税/フィール アンド テイスト(RHC ロンハーマン) キャメルパンプス 14,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) やわらかなピンクやデコルテの開きなど、女らしさを意識してニットのほっこり感をセーブ。


03 / LONG × LEAN
長いシャツと細身のパンツ
「上下の色をそろえてセットアップみたいなまじめさを」
まちがいなくバランスがいいスマートな組み合わせを、洗練されたネイビーでまとめ、セットアップをセルフメイク。コントラストをつけないミニマムな色づかいが、心地よい形にエレガントさや今っぽさを上乗せ。

ソフトなシャツにパンツのハリ。質感の微差が1色の中にリズムを形成
ネイビーシャツワンピース 13,000円+税/N.O.R.C ネイビーハイゲージパンツ 23,000円+税/ebure 黒ショルダーバッグ 22,000円+税/グリード インターナショナル(Greed International Fukuoka Store) 黒パンプス 30,000円+税/PIPPICHIC ななめがけしたショルダーバッグが、シルエット全体の長細さを強調。

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Eto Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi