GISELe

2020/05/08

シンプル好きが選ぶべき今旬スタイル10選|今季トレンドをふまえた「手堅い組み合わせ」とは?

GISELe編集部

「足しもせず、引きもしない」


04 / SOFT MANNISH
白シャツとワイドパンツ
「あいまいな配色としなやかな質感でパンツ姿をレディへとシフト」
マニッシュなイメージが強かったシャツとワイドパンツの組み合わせ。とろみのあるサテンパンツや白っぽいワントーンなど、脱力感をとり入れれば硬派なルックスも角がとれ、やわらかくフェミニンな印象へと好転。

色みの違いを利用すれば、全身白もたやすくクリア
白シャツ 10,000円+税/スローブ イエナ(スローブ イエナ 自由が丘店) アイボリーパンツ 28,000円+税/ebure サングラス 19,000円+税/ロンハーマン バッグ 25,000円+税/DES PRES BEVINI(デ・プレ) 白サンダル 23,000円+税/INTENTIONALLY BLANK(オリエンス ジャーナル スタンダード) ゆれ感をパンツでとり入れるのも新鮮。


05 / SWEET × COOL
フリルブラウスと黒パンツ
「甘さに深みを足して大人に似合うかわいさへ引き上げる」
無条件に惹かれるフリルやレースなどのフェミニンなトップスとそれを整える黒ボトム。かわいいものは、くすみがかった渋い色を選ぶことでデザインが落ち着き、シックな装いへと更新してくれる。

ツヤのある質感や深く開いた胸元から漂う、色香のある大人の風格
ブラウンフリルブラウス 32,000円+税/グリード インターナショナル(Greed International Fukuoka Store) 黒ワイドパンツ 14,000円+税/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) ローファー 13,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) クリーンでまじめな黒のワイドパンツが、なつかしさを今へと引き寄せ。


06 / CASUAL MOOD
ロゴニットとインディゴデニム
「コンパクト&ひかえめロゴならカジュアルどうしでも背筋が伸びる」
適度なフィット感となめらかなハイゲージのニットに、脚をすらりと見せる細身のテーパード。もたつきなく体をキレイに見せてくれる形に加えて、アクセのようにとどめたロゴで、小ワザの効いたスマートなデニム姿をメイク。

知性がにじむベージュ系の小物づかいでさらなる気品を上乗せ
アイボリークルーネックニット 24,000円+税/A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス) デニムパンツ 16,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) バッグ 129,000円+税/LUTZ MORRIS(エスケーパーズオンライン) パンプス 32,000円+税/PIPPICHIC パリジェンヌを装えるアイコニックなブランドロゴが光る。


07 / LOOSE & LOOSE
ワンピースとロングアウター
「装飾やデザインをなくすことで引き立つ丈とシルエットの美しさ」
足首まであるたっぷりとしたマキシ丈のワンピースに、えりもボタンもない丸みのあるガウン。メリハリをつけず、丈の長さとなだらかなフォルムだけを重要視したシルエットによってムードが生まれ、「目にとまるシンプル」を確立。

見慣れたモノトーンでも自信が持てる、大きくしなやかな特別感
黒リネンガウン 69,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 白ロングドレス 24,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) 黒サコッシュ 15,000円+税/MARROW(4K) 黒サンダル 18,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) なめらかにゆれる白を端正な黒で包み込む。華やかだけど切れ味のいい装いに。

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Eto Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi