GISELe

2020/05/08

キレイになれる「ブラウン」アイテム4選|着まわし実例でわかるその効能

GISELe編集部

UPDATE BROWN


B_LIGHT & GLOSSY
「スタイリングに奥行きを出すツヤ感」

ブロンズカラーの光沢ジャケット

バックスリットダブルジャケット 15,000円+税/レイ ビームス(ビームス 新宿) ほのかな光沢を含むブロンズのような色みをジャケットで投入。きちんと感はそのままに、カーディガンのように、力まず手軽にはおれる薄手の軽やかな素材感。


No.004
トップスの遊びを品よく受け止める
愛嬌たっぷりのボーダートップスに、リブ素材のタイトスカートという気楽な装い。ジャケットのコクのある色みとさりげない光沢がスパイスとなり、品格のあるカジュアルに着地。

PROPERLY RELAX
ジャケットは着まわし。ブラウン×白ボーダーロングスリーブトップス 4,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) エクリュリブタイトスカート 13,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) 手に持った白ストール 29,000円+税/DOUCE GLOIRE(メゾン イエナ) アイボリーフラットパンプス 6,400円+税/RANDA


No.005
グラデーションに立体感を生む
パターンの1つとしてとり入れたいブラウンとベージュのグラデ配色。まろやかなベージュのワンピースを退屈に見せないのは、立体感の出るグロッシーなブラウンのたまもの。

GRADATION
ジャケットは着まわし。ベージュカシュクールギャザーワンピース 30,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) サングラス 55,000円+税/EYEVAN 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) ブラウンスニーカー 13,000円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)


No.006
質感を変えて定番アイテムを再稼働
白T+黒パンツにジャケット。メンズっぽい定番スタイルも、ジャケット1つで今にアップデート。オンタイム感の強い組み合わせながら、ジャケットの軽さと、ゆったりとした形が抜けの役割も兼務。

UPDATE BASIC
ジャケットは着まわし。白Tシャツ(2枚組) 2,700円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) 黒ベルトつきクロップトパンツ 24,000円+税/DIAGRAM(Diagram 表参道ヒルズ店) 眼鏡 34,000円+税/EYEVAN(アイヴァン PR) 黒レザートートバッグ 62,000円+税/シャークチェイサー(オデット エ オディール 新宿店) 黒ビットローファー 30,000円+税/REGAL(リーガル コーポレーション)

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Text_Ai Watanabe Composition_Tomoyuki Kaneyama