GISELe

2020/05/11

「似合う服どうし」の相性から広がる新しい服との出会いとは?

GISELe編集部

「相性のよさ+つながり」


(Long Dress)
07.「黒で考える」というシンプル思考

寄り道をしながら、「悩まなくても使えるワードローブ」として結局黒に舞い戻る。とはいえ黒ならなんでもいいわけではない。親しみのある黒、支える黒、かわいい黒……、「役割が明確な黒」だけに、これからの新しい服との出会いが待っている。


01 /
“LAZY BLACK”
LONG DRESS



少量の白を効かせてモノトーンをアップデート
黒Vネックマキシワンピース 36,000円+税/ELIN(クルーズ) 白レースフレアスカート 13,000円+税/KAIKO サンダル 30,000円+税/PIPPICHIC 「何もしなくてもさまになる黒」として成り立っていたところ、白のレーススカートを重ねるひと手間で、ドッキングワンピのような新たな表情に変化する。わかりやすく甘い白を試せるのも、シンプルな黒があってのこと。


02 /
“MINIMAL BLACK”
TANK TOP + CUT & SEWN



脇役にもなれる黒があればキレイな色を試せるチャンス
黒リブタンクトップ 26,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) 肩にかけたカットソー 26,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) サテンフレアスカート 14,000円+税/Jilky サングラス 19,000円+税/A.D.S.R.(4K) ショートブーツ 46,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) 主張のない黒を言い訳に、甘みのあるペールブルーにトライ。


03 /
“DRESSY BLACK”
BLOUSE & SILK PANTS



華やかな黒の上下でドレスに頼らずドレスアップ
黒ノーカラーブラウス 24,000円+税/ENFOLD 黒シルクパンツ 64,000円+税/ロンハーマン ピアス 11,000円+税/baebae(アイクエスト ショールーム) サンダル 9,900円+税/A de Vivre フリルブラウスと美しくつやめくシルクパンツ。ドレッシーな上下を合わせるだけで、ALL黒なら頭を悩ませず、ワンピース1枚ではアピールしにくい、スタイリング力を発揮できる。

-STYLIST COMMNET-
いろんな色を知ったうえで、オシャレの基本はやっぱり黒
たとえば今季のメインカラー・ベージュにメリハリを生む色にもなるし、春特有の浮き立つフォルムの服に含まれる甘さもそぎ落としてくれる、唯一無二の存在。「迷ったときに立ち返る色」として頼りになる。(樋口さん)

CREDIT: Photography_Fumi Kikuchi(impress+) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando