GISELe

2020/05/11

「似合う服どうし」の相性から広がる新しい服との出会いとは?

GISELe編集部

「相性のよさ+つながり」


(Tapered Pants)
11.中途半端のよさもある

キレイの追求=完璧な服だけにあらず。余白のあるシルエットや中途半端な長さの「あいまいさ」が、プラスに働くこともある。ハンパなトップス丈がもたらす影響とは?

+ TUNIC TOP
気になるパーツをおおうように「ハンパな丈で確実に隠す」

ベージュセンタープレスパンツ 19,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) 黒チュニックトップス 17,000円+税/イウエン マトフ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) 首に巻いたスカーフ 9,500円+税/FILL THE BILL(4K) サンダル 10,900円+税/A de Vivre ゆったりとした身幅とハンパな丈が功を奏し、ウエスト、ヒップ、腰まわりを同時にカバー。首元にスカーフをなびかせて、目線の引き上げも同時にクリア。

-STYLIST COMMNET-
新しいトップスが握るこれからのボトムの選択肢
ウエストがくびれたXラインのトップスも、ワンピース手前のハンパな丈のトップスも、それ自体のよさを超えて、実は「ボトムにとって都合がいい」もの。だからこそ、今までとは違うタイプのボトムを試すきっかけにも。(樋口さん)


(Dress-like Top)
12.些細なことからキレイが広がる

メイクも服も整ったら、小物選びまで気を抜かない。春のムードに沿って更新をとげたパンプスや、隙をもたらすアクセサリーが、さらにキレイを促してくれる。


UPDATE PUMPS
重い色にも淡い色にも好都合なニュートラルな新色を

黒チュニックトップス 17,000円+税/イウエン マトフ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) グリーンリブニットパンツ 16,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) サングラス 32,000円+税/LAVID パンプス 32,000円+税/ピッピシック(ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店) これからの季節の淡い色の装いにもなじみつつ、リアルタイムにも活躍する、「今」にふさわしいブラウンへと更新。


THICK NECKLACE
気だるい品のよさを生む「リラクシーなニットとゆれるネックレス」

ベージュVネックアゼニット 18,000円+税/フレームワーク(フレームワーク ルミネ新宿店) デニムパンツ 7,800円+税/Long Beach Antage ネックレス 11,000円+税/ローラ ロンバルディ(イエナ ラ ブークル) 肌なじみのいいニットとゴールドネックレス。服の配色だけに頼らずとも、肌の露出も計算された「埋もれず映える」美しさをかもし出すコンビネーション。


(Knit & Denim)
13.困ったときはシャツに相談

服にメイクに靴にアクセ。あれこれ迷ったら、その「正しいたたずまい」で気持ちさえリフレッシュさせてくれる、リセット力のあるシャツの出番。今までなんとなく着ていたニットから、主役を置きかえるようにスイッチ。

+ LAZY SHIRT
季節によって役割を変えて「シャツがメイン・ニットをサブ」

ベージュVネックアゼニット 18,000円+税/フレームワーク(フレームワーク ルミネ新宿店) デニムパンツ 7,800円+税/Long Beach Antage 白シャツ 32,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) 眼鏡 23,000円+税/LAVID 身幅の広いフォルムなら、今まで定番とされていた白シャツとデニムもあか抜けた印象に。ニットの肩がけで抑揚をプラス。


(White Shirt)
14.「シンプルが目覚めるスカート」で進化する

白シャツをはじめとする、プレーンなトップスを鮮度よく進化させるためには、適度な個性を含んだスカートがいい。選びがいのあるバリエの中でも、今季ならではの「質感」にこだわれば、色や柄に頼らずとも目にとまる。

BIG SHIRT + BLACK LEATHER SKIRT
白シャツにさらに自信が持てる、モードな黒に期待をこめて

白シャツ 32,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) 黒レザーサイドスリットスカート 95,000円+税/バッカ(TOMORROWLAND) イヤリング 24,900円+税/セシル・エ・ジャンヌ サンダル 20,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店) ナチュラルともとれる白シャツに硬質な黒を添え、方向性をモードに定める。足元は気楽なサンダルで脱力を。

-STYLIST COMMNET-
スカートでしか出せない直線的な強さを利用
「パンツだとふつう?」と感じる日に、強さのあるスカートがあると頼もしい。モードな形や質感なら、装飾がなくても十分な存在感。BIGシャツなど、新定番のトップスを「引き上げたい」ときに活躍するはずです。(樋口さん)
CREDIT: Photography_Fumi Kikuchi(impress+) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando