GISELe

2020/05/16

買う理由のあるアイテム4選 & 使えるスタイリングアイディア6選

GISELe編集部

WARDROBE IS WORDROBE.

結局使える白・黒・ベージュの3色を、「言葉」に沿って整理することで、ムダのないワードローブがそろうという新発想。縦軸には「服にまつわるタイミング」、横軸には「服に備わる役割」をあらわす言葉を設定し、クロスしたところに見合う1着をパズルのようにはめるだけ。頼れる色と、惹かれる言葉で、理想のスタイルが次々に生まれる。賢く確実に服がまわり出す、新たな「着まわし」のプラン。


あらためて「意外といいもの」の裏づけ

アイテムの「意外といい」理由をあらためて検証。「合わせる服にとって好都合だから」「実はイメージ外の役割もあるから」など、メリットを明確にすることで、活躍の場がまた広がる。


「甘くも強くもなれるから」
独特の光沢感で主張がありながらも、ゆったりとしたベージュならやさしさも見込めるから。「1枚でも多彩」の強みをあらためて実感。

スタイリングに迷ったら「1枚」でも頼れる安定感
ベージュサテンワンピース 46,000円+税/ELIN(クルーズ) 黒×白フリンジストール 42,000円+税/マイディ(GALERIE VIE 丸の内店) ミドルブーツ 12,000円+税/STUDIOUS(ステュディオス 渋谷店) より日常に落とし込みたいなら、+ストールでカジュアルダウン。重厚なブーツ、きゃしゃなサンダル、レディなパンプス。足元を想像するだけであらゆるシーンで活躍の予感。


「花柄を着やすくする目的で」
ロングコートでおおう。デニムを仕込む。よくあるアレンジの次なる手として、「色はリンクしてテンションは異なるフーディ」で新風を。

黒でつなげばテイストMIXもちょうどいい
黒フーディ 8,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 黒花柄ワンピース 23,000円+税/ガニー(アダム エ ロペ) サングラス 32,000円+税/LAVID ビーチサンダル 24,000円+税/ENFOLD これで黒意外だと、ナイロンの素材も相まって花柄ワンピにはTOO MUCHなテイストMIX。シンプルな黒のナイロンで、かわいい柄にモード感も上乗せできる。


「“長めがあたりまえ”の息抜きとして」
わかりやすく気分転換したいなら、丈の見直しが近道。ボトムもアウターも長めが主流だったところに、色もディテールも親しみやすいハーフパンツが急浮上。

上をミニマルにすることでさらに腰位置アップ
オフ白ハーフパンツ 35,500円+税/ザ・リラクス×エディション(エディション 表参道ヒルズ店) 黒シルクTシャツ 13,000円+税/デ・プレ 黒コットンカーディガン 29,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) バッグ(ポーチつき) 15,000円+税/BRIE LEON(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ビーチサンダル 8,000円+税/ティキーズ(ザ ストア バイ シー 代官山店) ベルトいらずでウエスト位置を定められるアジャスターつきもうれしい。


「脇役でも力を発揮するから」
あえて長いワンピースのすそからのぞかせる使い方で、かえって甘いスカートの存在意義が見えてくる。クリーンな白ならワンピの色も問わないメリットが。

心地よいベージュになつかしさを飾る感覚で
白ギャザーロングスカート 29,000円+税/イエナ ラ ブークル リブスリットワンピース 17,000円+税/アンフィル(ビームス ライツ 渋谷) 首に巻いたスカーフ 14,000円+税/エイネス(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) サンダル 18,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) ヴィンテージライクなスカートのテンションに合わせて、柄スカーフをトッピング。

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca・model), Koichi Sakata(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Valeriya Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Cooperation_Baluko Landry Place Yoyogiuehara Composition&Text_Chiha