GISELe

2020/05/31

理想のワンピースを手にするための「3つのキーワード」とは?

GISELe編集部

「余裕と余白と余剰のワンピース」

1枚でスタイリングが完結してしまう服だから、形がすべてといってもいい。ゆったりとしたフォルムから生まれる「余裕」、アレンジの可能性を含んだ「余白」、広がりやいい重みをそなえた「余剰」。手を加えずとも今っぽく、同時にカバー力にも長けた理想のワンピースを手にするために。たどりついた3つの視点。


TYPE 001
凹凸をなくして得られる「4つの余裕」

肩からすそまでストンと落ちて、つかず離れずのバランスで体をおおう。とくにメリハリがわかりやすいディテールは見あたらないし、飾り気もない。でも逆にそれが大人の余裕をかもし出して、強い存在感。

□体のラインをひろわず「そぎ落とす」
□着まわしがいのあるシンプル

01.I-Line
メリハリに頼らずスタイルUP
ただ細身ではない。体との間に余裕がありながらも、フラットで細長。この直線的なラインだからこそ、体を細長く、薄く見せてねらいどおり。

1枚で着る季節に頼もしい縦の流れとモードなツヤ感
ドレス 18,000円+税/UNCRAVE(オンワード樫山) サングラス 19,000円+税/A.D.S.R.(4K) バッグ 23,000円+税/THE DILETTANTE(TOMORROWLAND) パンプス 65,000円+税/MARI GIUDICELLI(GALERIE VIE 丸の内店) ブラウンのほどよい光沢が印象を引き締めて、1点に目線が集まるボトルネックで重心も上がる。


02.Big Shirt
ある意味「着用感のない」心地よさ
それが言いすぎではないくらい、身ごろもそでも「浮く」心地よさ。この絶妙な軽さを手放せないし、甘いピンクに迫力をももたらしてくれる。

ワントーンで色数もそぎ落とし、さらに大人の余裕を
ワンピース(共布ベルトつき) 79,000円+税/セヤ(ロンハーマン) バッグ 82,000円+税/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) ボディラインを包み込むようなあり余るシルエットのシャツワンピースの「余裕」を生かすには、ほかも徹底的にそぎ落とすのが正解。同系色のバッグでワントーンにして色数をおさえるのも手。アクセもパスして。


03.V-Neck
飾りは「深いV」のみの潔さ
体にほどよく沿うIライン。適度に余裕のあるこのフォルムだからこそ、切り込んだVネックの女らしさがいやみではなく、むしろ潔く、「抜け感」として成立。

Vネックと波長の合うロングネックレスによる「縦落ち感」
ワンピース 16,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 青山店) ネックレス 14,000円+税/ソコ(シティショップ) サンダル 24,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 「余裕」をかもすために、ラインがくずれにくく、かつ軽くなりすぎないニットの素材感が一役。ぺたんこサンダルでも自信が持てるパーフェクトなシルエット。


04.High Slit
さらに切れよく「思いきりのいいスリット」
どちらかといえば重め。そんなワンピース+パンツレイヤードの概念を変えたハイスリット。シャープな切れ味が加わることで、縦のラインがさらにきわ立つ。

ストンとしたパンツを仕込み、美しい流れを一体化させる
ワンピース 28,000円+税/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) パンツ 18,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 眼鏡 33,000円+税/propo(プロポデザイン) バッグ 20,000円+税/イロセ(ピルグリム サーフ+サプライ) ローファーサンダル 51,000円+税/HEREU(GALERIE VIE 丸の内店)

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Kat Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Yuko Takizawa Composition&Text_Chiharu Ando