GISELe

2020/05/31

理想のワンピースを手にするための「3つのキーワード」とは?

GISELe編集部

「余裕と余白と余剰のワンピース」


TYPE 002
「意図的な余白」で変わること

部分的に寄せたり、ふくらませたり、意図的につくった「余白」はデザインとしても成立しているから個性も主張できる。そのゆとりをいいことに、ボトムを重ねるなどアレンジできる余地を残しているという点も、「余白」としてとらえたい。

□デザインとしての立体感を余白ととらえる
□レイヤードにも頼れる存在

01.Drape
モードに変われる「フロントの立体感」
タックと切り替えステッチを駆使した変型ドレープ。単なるギャザーとはひと味違う目を引く「余白」は、その複雑さゆえ、確実にモードなルックスに。

ヌーディなワントーンでつくるゆるいモード感
ワンピース 37,000円+税、パンツ 19,000円+税/ともにENFOLD バッグ 11,000円+税/アダム エ ロペ バングル 8,600円+税、サンダル 26,000円+税/ともにTODAYFUL(LIFE’s 代官山店) モード感が前面に出る黒やモノトーンでまとめるより、配色はやさしく、抜け感があるほうが今のテンションに合うから。パンツを重ね、セットアップであえてまじめに着こなせば甘さもセーブできる。


02.Balloon Sleeves
かわいい以上になれる「そでのふくらみ」
かわいげが欲しいとき、中途半端だとやぼったく終わることは知っているはず。そでも身ごろも大胆にふくらんだフォルムだから、「かわいい」以上の効果が出せる。

甘さを理想どおりに落ち着かせられるから、やっぱり黒がいい
ワンピース 52,000円+税/シャイナ モテ(アダム エ ロペ) サングラス 17,000円+税/A.D.S.R.(4K) バッグ 35,000円+税/オソイ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) フリルとギャザーが効いたフォルムの甘さを色で引き締めて。「余白」を味方に適当に着ても、黒ならまちがいない。オーバーシルエットとアクセのようなミニバッグとのサイズのメリハリで退屈知らず。


03.Shirring
くずしたこなれ感が手に入る「不規則な余白」
クシュっとして無造作を装ったシャーリングがあることで、自然と抜きえりのようなニュアンスが。素足の軽やかさも絶妙に引き立つ。

体のラインをごまかしつつ、凝って見える一石二鳥
ストライプドレス 38,000円+税/ウーア(スピック&スパン ルミネ新宿店) フラットパンプス 26,000円+税/デ・プレ 独特のムードをねらえるデザインドレス。もともとはふくらんだフォルムがシャーリングによってしぼられて引き上がれば、当然、見た目も引き上がる。縦に流れるストライプと顔まわりをスッキリと見せる鋭いネックラインとの相乗効果にも期待。


04.Wide Shirt
重ねて変わるレイヤード向きの「身幅のゆとり」
立体的なそでとえりも一役買って、「重ねたい」と思えるゆったりとしたフォルムは、もはや理屈抜き。どんなレイヤードも受け止めるから、マインドに沿ってセレクト。

印象を決めるのはワンピース以外のまとまり感
シャツワンピース 43,000円+税/アーチ ザ(シティショップ) パンツ 26,000円+税/AEWEN MATOPH(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) バッグ 54,000円+税/モダン ウィーヴィング(ロンハーマン) パンプス 17,000円+税/デ・プレ プレーンなワンピースなだけに、合わせるもので方向性が定まる。たとえばプリーツパンツとパンプスでレディに。

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Kat Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Yuko Takizawa Composition&Text_Chiharu Ando