GISELe

2020/05/31

理想のワンピースを手にするための「3つのキーワード」とは?

GISELe編集部

「余裕と余白と余剰のワンピース」


TYPE 003
強気にまとえる「下にかけての余剰」

わかりやすく女性らしい服だから、下にいくほど大げさなぐらい広がるボリューム感が必要。はかなくゆれるだけじゃない。長さや素材、色などが作用した重みを含んだダイナミックなゆれ感なら、それだけで目にとまる。

□甘いドレスこそ抜かりなく重く
□ベーシックカラーなら派手じゃない

01.Volume Flare
黒だから許される「甘いふくらみ」
これが白なら? キレイ色なら? 思いどおりにはいかないかもしれない。ボリュームたっぷりの甘いシルエットは、黒だからこその強気。

すそに加えてそでもあり余る。サイドから見ても完璧な「余剰」
ワンピース 39,000円+税/ENFOLD バッグ 55,000円+税/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) パンプス 32,000円+税/PIPPICHIC 甘さをおさえるために、ついカジュアルにくずしたくなるけど、ボリュームフレアの場合、さらに重みを増すようなスニーカーや大きめのバッグは避けて正解。色みをそろえたミニバッグときゃしゃなヒールパンプスで軽く仕上げて。


02.W Flare
ドライな色に甘えて「そでにも余剰」
ベージュとカーキの間のような、ドライなカラーでクールに印象操作。ティアードフリルとラッフルスリーブの甘いコンビネーションもちゅうちょなく。

手抜きと思えるくらいそっけなく着て成り立つ存在感
ワンピース 38,000円+税/MARIHA(ショールーム セッション) バッグ 8,000円+税/ジューンズ(ガリャルダガランテ 表参道店) アクセサリーのあれこれは不要。甘さはワンピースだけにまかせて、むしろほかは何もない、そぎ落とす「勇気」がときに必要。夏になったら足元はビーサンでハズすのもいい、実はフレキシブルかつドレッシーな1枚。


03.A-Line
広がるのにシャープでもある理由は「縦落ち感」
胸下から足先にかけてスッと流れるようなAラインは、シンプルだからこそ目を引く。ドレープによってドレスに映る陰影も、強さを感じさせるきっかけに。

後ろ下がりのヘムラインが計算ずくの美シルエットをあと押し
ワンピース 59,000円+税/SAYAKA DAVIS(ショールーム セッション) ストール 48,000円+税/THROW(フレームワーク ルミネ新宿店) サンダル 72,000円+税/GRAY _MATTERS(エスケーパーズオンライン) 胸下から縦に落ちるキレイなAライン。ワンピースとコントラストがつきすぎないくすみカラーのストールをさし色に添えて今季らしく。


04.Cut Lace
ヴィンテージのような「レースの重み」
古着屋にありそうな、味わい深く重厚な「甘い白」。それだけでレースもより親しめる。ラフなサンダルや肩がけバッグなど、小物で軽快に。

ほかはいい意味で適当に。大げさなレースドレスに必要なのは脱力感
ワンピース 66,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa バッグ 16,000円+税/MARROW(4K) サンダル 62,000円+税/ジョセフ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 腰から下のボリューム感に反し、上半身は意外にもコンパクト。見た目のインパクトに加えて、スタイルUPも見込んだ設計に。小物もヘアスタイルもラフにして、肩ひじ張らずにまとうところからスタート。
CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Kat Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Yuko Takizawa Composition&Text_Chiharu Ando