GISELe

2020/06/11

お気楽オシャレな「サンダル&ミュール」32選|シーンレスなアイテムを厳選

GISELe編集部

服と靴の予定調和

靴選びにおいて「服とのバランスがとれていること」は重要なセレクトポイント。はきたいボトムに合わせやすく、メリハリも与えられるなど、「プラス作用がある」シューズ選びをナビゲート。
※( )内の数字はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。


キレイなままラクしたい
>> 強さをそなえた「まじめなつっかけ」

スリッパ感覚でさっとはけるサンダル&ミュール。気楽なのに、その見た目は決してラフじゃない。シーンレスな活躍が見込める選択条件を、5つのスタイリングに沿ってレクチャー。


1_SHARP BLACK
「ほっそりしたつま先の黒レザー」
とがったシルエットと緊張感の漂う黒いレザーで、きちんと感のある見た目を約束。縦のラインを強調する女っぽいスカートと、引き締め力の高い黒は相愛。

「タイトなスカートをさらにスレンダーに」
黒サンダル(4.4) 23,500円+税/インテンショナリー ブランク(オリエンス ジャーナル スタンダード シブヤ) プルオーバー 3,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) 黒レザースカート 68,000円+税/ザ ストア バイ シー(ザ ストア バイ シー 代官山店) ウォレットバッグ 19,000円+税/MARROW(4K)

1.黒リボンサンダル(0.6) 17,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) きゃしゃなリボンと甲の開きが女っぽい。 2.黒サンダル(4.4) 23,500円+税/インテンショナリー ブランク(オリエンス ジャーナル スタンダード シブヤ)さりげないクロコ模様。 3.ミュール(5) 21,000円+税/SOL SANA(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 4.黒ギャザーシューズ(2) 10,500円+税/SNIDEL(SNIDEL ルミネ新宿2店) 5.黒サンダル(1) 34,000円+税/BEAUTIFUL SHOES(ギャラリー・オブ・オーセンティック) 直線的なカットが静ひつな印象。 6.サンダル(1) 12,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ゴールドのヒールがワンポイントに。


2_NATURAL DESIGN
「色みも素材もナチュラルに」
やさしいあいまいな色のスカートに合わせて、天然素材で足元にもリラクシーな要素を加えてみる。ヒール有りを選択し、都会的な仕上がりをキープ。

「ソフトな配色になじむ風合い豊かなベージュ」
ベージュパイピングサンダル(5) 34,000円+税/MARCOMONDE(マルコモンド) 白ギャザーサイドシャツ 18,000円+税/OSKER(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ライトブルースカート 17,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) ベージュのミュールでリラクシーにモードな装いを。

1.ベージュパイピングサンダル(5) 34,000円+税/MARCOMONDE(マルコモンド) ヒールの適度なツヤが、モダンな見た目をあと押し。 2.ブラウンミュール(3) 6,900円+税/RANDA 3連のストラップがメリハリづくりに貢献。 3.ブラウンメッシュミュール(5.5) 29,000円+税/ペリーコ サニー(アマン) 肌がしっかりのぞくデザインで、質感はラフなのに女性らしい。 4.ミュール(3.7) 32,000円+税/miista(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ありそうでない渋い2色。 5.ブラウンメッシュサンダル(3.5) 6,500円+税/オリエンタルトラフィック(ダブルエー) 6.メッシュミュール(6) 5,900円+税/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN)

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Koichi Sakata(still) Styling_Yoshimi Fukada Hair&Make-up_Takuma Suga Model_Alisa Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition_Mika Shirahige