GISELe

2020/06/11

コスメフリークが「推せる理由を語れるコスメ」18選

GISELe編集部

COSMETICS SELECT SHOP

あふれる膨大な情報から自分に合うコスメを見つけ出すのは、砂浜に落ちた指輪を探すようなもの。あれもコレもと迷う時間も楽しくはあるけれど、よけいな投資はしたくないのが本音。そこで、トレンドの最前線でアンテナを張る24人がセレクトした「理由ある精鋭」、75選をラインアップ。
※クレジット表記がない製品は本人私物です。私物、限定品はすでに販売が終了している可能性があります。


MANY SELLING POINTS
「推せる理由」が語れるコスメ

まずは「語れるネタありき」で推しコスメをピックアップ。「変わらない定番」から「インスタきっかけ」まで多様な理由の中に、選者のキャラクターが垣間見える。


HELENA RUBINSTEIN
□MASCARA

Select by Tomoko Okada
「つい手にとる名品」
ラッシュ クイーン フェリン ブラック WP 4,800円+税/ヘレナ ルビンスタイン 仕上がりはもちろん、水も涙もはねかえす屈強なウォータープルーフ処方で岡田さんのような海好きさんにも“推し”が多いロングセラーマスカラ。「何度手にしても“やっぱりいい”と思ってしまう。ほかにはないセパレート感と軽さのバランス」(岡田さん)H


SHIRO
□ROUGE

Select by Akiko Tanaka
「エイドリアン・シェリーにあこがれて」
ジンジャーリップスティック 9I02 カッパーブラウン 4,000円+税/シロ 「映画『アンビリーバブル・トゥルース』でエイドリアン・シェリーが演じたヒロインのキャッチーなリップメイクに影響を受けて、無性に欲しくなり(笑)。色みも、ほのかにツヤを感じるセミマット質感も、すべてがそっくりなルージュをシロで発見して購入しました」(田中さん)I


MiMC
□PRIMER

Select by Atsuko Fukumoto
「ファンデ前の肌が整う」
ミネラルイレイザーバーム SPF20・PA++ 5,800円+税/MiMC 「バームタイプで、保湿しながら毛穴などのアラをナチュラルにカバーする下地。つけ心地が気持ちよく、保湿成分が肌にのったまま毛穴を目立たなくしてくれます。素肌がきれいに見えるので、これを全体に塗っておけばファンデーションは部分づかいでOK」(福本さん)I


comfort zone
□BATH/BODY OIL

Select by Kaori Higuchi
「毎日使っても飽きない定番」
コンフォートゾーン トランキリティ バス アンド ボディ オイル 200mL 13,000円+税/コンフォートジャパン バスオイルとして10mLほど注げば、ミルキーでやわらかな湯に。「トランキリティの香りがよく、飽きがこないので長く愛用している私のベーシックアイテムの1つ。バスタイムのあとのボディケアとして全身に塗っています」(樋口さん)S


Dior
□EYE COLOR

Select by Mai Ozawa
「捨て色が1つもない」
ディオール バックステージ カスタム アイ パレット 001 5,500円+税/パルファン・クリスチャン・ディオール 左下はアイシャドウをアイライナーに変えるジェル。「単色でも、組み合わせても、重ねてもいい。無数のルックに対応できるマルチさと、“これ1つあれば”という安心感は素晴らしいのひと言。どう使っても今っぽい目元になる」(小澤さん)H


DOLCE & GABBANA
□EYELINER

Select by Tomoko Okada
「メイクするたびに反響がある」
グラムライナー 2 4,100円+税/ドルチェ&ガッバーナ ビューティ 「使うたびに“かわいい”“どこの?”と目の肥えたモデルやスタッフに聞かれます。アイライナー、しかもブラウン。出番の多さで選んだり、どうしても無難になりがちなジャンルだけど、これは違う。落ち着きすぎず上品なラメ感のあるアースカラーで私自身もハマり中」(岡田さん)H

CREDIT: Photography_Koichi Sakata, Yuki Ueda(still) Design_Hiromi Fujiwara Composition&Text_Wakana Akiya