GISELe

2020/06/17

着こなし上手の共通点|「Aシルエット」「Iシルエット」のメリット

GISELe編集部

「シンプルによってシンプルが変わる」

着た先に続く楽しみを多く想像できる服の条件として、ハズせないのが「シンプル」であること。そしてシンプルな服を上手に着こなすのに必須な「シルエット」のバランス。基本のAライン・Iラインシルエットの2つをベースに加えたい、アイテム選びのコツをご紹介。


【Aシルエット】
大人しい色の「質感スカート」

トップスをひねらずとも簡単にムードを一新させたいなら、デザインではなく「素材」に目を向けたふつう以上のスカートを。質感に特徴を持たせるだけで、フェミニンの枠を超えられる。


黒にちょうどいい強さ・やさしさ
「ペールブルーのレザープリーツ」

淡い色を甘いだけに終わらせない
レザーの重厚感

清涼感のあるブラウスと端正なブルーのレザースカート。「黒は軽く、ブルーは重く」、本来それぞれの色が持つイメージを逆転させれば、簡単なワンツールックも退屈しない。



グラデーションがぼやけない
「ぬくもり=薄手のスエード」

ワントーンに奥行きを出す
「今」必要なあたたかみ


スカートまでカジュアルな素材だともの足りない。素材だけで“もつ”スムースなスエードならシンプルな装いでも単調にならず、季節に適したぬくもりと立体感を同時に見込める。



カジュアル以上に引き上げる
「表情豊かなシアーな黒」

Tシャツの空気を変える
個性的な黒の表現力


シアーな生地にフロックドットをあしらったようなジャカード風スカート。何でも合う黒だからちょうどいい、少しだけ攻めたドレスライクな1枚。

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod's hair) Model_Dee Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando