GISELe

2020/06/19

今季注目の「リネン」コーデ6選|選び方からアレンジ法まで3ステップで解説

GISELe編集部

「シンプルによってシンプルが変わる」


STEP 2
いいメリハリ配色になる「どこかに黒」

OVERALLS + RIB KNIT

ボーイッシュになりすぎないミニマルな黒の引き締め力
黒リブニットTシャツ 19,000円+税/ドゥーズィエム クラス(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店) リネンオーバーオール 69,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) バッグ 13,000円+税/グアバナ ハンドメイド(プラージュ 代官山店) パンプス 30,000円+税/PIPPICHIC Tシャツやかごバッグなど、「夏の黒」なら引き締まりつつも重く見えない。


LONG COAT + TANK TOP & SKIRT

コートの中を黒ワンピのように見立てたロング&リーン
共布ベルトつきベージュリネンコート 29,000円+税/イエナ(メゾン イエナ) 黒リブタンクトップ 12,000円+税/ELIN(クルーズ) 黒サテンマキシスカート 8,900円+税/N.O.R.C まずはどんなアウターもフィットするシンプルな黒で上下の軸を形成。ナチュラルなガウンのようなコートをラフにはおれば、そんなストイックな黒とのギャップも楽しめる。


STEP 3
簡単にリズムをつくる「異なる素材のブレンド」

HALF PANTS + SHEER KNIT

抜け感のある素材だからこそ「飾らない」のが大人の選択
ピンクシアーニットトップス 14,000円+税/エディット フォー ルル ベージュリネンショートパンツ 26,000円+税/ロンハーマン ピアス 8,99
0円+税/THROW by SLY(バロックジャパンリミテッド) ローファー 6,4
00円+税/RANDA インナー/スタイリスト私物 センシュアルに傾きがちな透けニット。あえてメンズライクなボトムの「適当感」が潔い。


BIG SHIRT + SATIN PANTS

味のある乾いた白に濃厚なブラウンでツヤを補給
白リネンシャツ 25,800円+税/VETRA(ビショップ) ブラウンサテンワイドパンツ 9,900円+税/N.O.R.C サングラス 25,000円+税/LAVID ビーチサンダル 25,000円+税/カジャック(プラージュ 代官山店) アンティークのようなリネンシャツにリュクスなサテンパンツをぶつける。思いきった素材のギミックも、アイテム自体がシンプルだから成立する。
CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod's hair) Model_Dee Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando