GISELe

2020/06/27

「理想の白T」12選|スタイリストの口コミで判明した愛すべき理由とは?

GISELe編集部

「愛すべき白T」

白Tをこよなく愛するスタイリスト4人がナビゲートする理想の1着。それぞれがこだわる特徴別に、えりすぐられた秀作をご紹介。


A
KEYWORD : 「女性らしさが引き立つ」
SELECTOR : KEIKO WATANABE

迷ったらジャケットに合うかどうかで検討を。中が透けない適度な厚み、上品に開いたネックラインを条件に探せば、オンにも使いやすいキレイめの1着が見つかります。(渡邉さん)

□品のいいスムーズな素材感
□ほんの少し鎖骨がのぞく首の開き

01 / agnes b.
「フレンチシックなシルエット」
ややコンパクトなそでの形&肌感がありつつもつまった首元と、ミニマルな中にアニエスベーらしいこだわりが凝縮。型くずれのしにくさも、実際に着用していて感じた長所。

Tシャツ 6,000円+税/アニエスベー 品のいいなだらかなUネック。伸縮性に優れた素材を使用。


02 / BATONER
「ニットブランドならではの丈夫な生地」
ニットを得意とするバトナーのパックTは、インナーにしてもよれにくい肉厚な生地感がポイント。厚手のものって武骨な印象になりがちですが、自然な落ち感があるのはさすが。

Tシャツ 5,400円+税/BATONER 極上のやわらかさを持つコットンを編み立て、肌ざわりも抜群。


03 / JAMES PERSE
「美形なうえ快適なパイル地」
内側がパイル地になっているので、汗をかく季節も着心地良好。すらりとした身幅と短めのそでがIラインを引き立ててくれるので、ほっそりとしたシルエットがかないます。

Tシャツ 17,000円+税/JAMES PERSE(JAMES PERSE 青山店) フィット感のある首まわり。

CREDIT: Photography_Koichi Sakata(Takagi), Yusuke Tanaka(Ishizeki, Watanabe, Higuchi) Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa