GISELe

2020/06/29

白Tをレベルアップさせる「質感スカート&美形黒ボトム」の魅力

GISELe編集部

START WITH White T-Shirt

もし、たった1枚の白Tを手にし、これからのスタイリング計画を立てるとしたら? シンプルに着るよさを実感することから、飾って楽しみつくすまで。「徐々によりよく」見せるためのプロセスを追跡。試してみたい新しさも、勇気のいるあの色や柄も。必要なものはすべて白Tが教えてくれる。


WITH THE SKIRT
(素材さえ白Tにとっては飾りになるから)
「質感スカート」で引き出すモードっぽさ

スカートのバリエーションが目覚ましい今シーズン。せっかくなら特別感のあるテクスチャーにも目を向けたい。生まじめな白シャツだと近寄りがたくなるところ、白Tなら「適度にモード」の正解を教えてくれる。


SKIRT : LIGHT PINK LEATHER
「甘さひかえめなピンクのレザープリーツ」

白とピンクでも甘くならない「重厚感」で大人を保てる
白ショート丈Tシャツ 7,000円+税/HARLIN(THIRD MAGAZINE) ライトピンクレザープリーツスカート 98,000円+税/エブール フォー ロンハーマン(ロンハーマン) サングラス 32,000円+税/LAVID パンプス 54,000円+税/ペリーコ(ドレステリア 新宿店) 淡いピンクなのにむしろ強い、大人にとってうれしいバランス。スカートの存在感がより引き立つ、ショート丈の白Tをセレクト。


SKIRT : FLARED BLACK SATIN
「エッジが加わる黒のサテンフレア」

表情豊かなモノトーンを形成するマーメイドライン
白Tシャツ 7,000円+税/styling/(styling/ 新宿ルミネ1店) 黒サテンマキシスカート 8,900円+税/N.O.R.C ベレー帽 3,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) サンダル 36,000円+税/miista(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) つややかな質感と絶妙な広がりによって「黒なのに華やか」が実現。「ボーイフレンドT」と名づけられたラフな白Tとのアンバランスがむしろいい。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company・model), Yusuke Tanaka(still〈Accessories〉), Yuki Ueda(still〈Lip color〉) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Evgenia Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando