GISELe

2020/07/04

ワンピースに私たちが求める4つの効能|くり返し着たくなるワンピ24選

GISELe編集部

ワンピの日に考えられること


B :
「上はほっそり、下はゆったり」

ゆれ感を楽しめるすそ広がりのAライン。コンパクトな上半身なら迫力が出すぎず、メリハリのついた女らしさを引き寄せ。


01
美シルエットが生きる異素材MIX

ワンピース 27,000円+税/kei shirahata(styling/ 新宿ルミネ1店) ニットトップスと微光沢のあるスカートが1枚に。あせた赤なら落ち着きを保てる。


02
季節感を演出できる涼しい黒

黒プリーツニットワンピース 32,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) ほんのり透けるプリーツが、黒一色に軽やかさと華やかさをもたらす。


03
こびずに色っぽいロングスリーブ

カーキワンピース 22,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) くすんだ色合いが、切れ味のいいVネックとマキシ丈を適度にカジュアルダウン。


04
デコルテが主役になる開きぐあい

黒ワンピース 28,000円+税/ウーア(スピック&スパン ルミネ新宿店) ウエストのギャザーが、愛らしさと体型カバーを兼任。なめらかな肌ざわり。


05
白に自信を持てる上品なAライン

ワンピース 19,819円+税/UNITED COLORS OF BENETTON.(ベネトン ジャパン カスタマーサービス) 麻の抜け感が白のとっつきにくさを軽減。


06
あらゆるシーンに似合う立体的な形

ワンピース 7,980円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) 非対称なタック入りの表情豊かな1枚。肌感をおさえたカットでオケージョンにも。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition&Text_Miyuki Kikuchi