GISELe

2020/07/04

ワンピースに私たちが求める4つの効能|くり返し着たくなるワンピ24選

GISELe編集部

ワンピの日に考えられること


D :
「1枚で“それなり以上”」

特別感や華やぎが増すデザインワンピも頼れる存在。甘さや気張っている感が適度に落ち着く、くすんだ色みがベター。


01
大人も着やすい“レトロなかわいげ”

チェックワンピース 49,000円+税/アイロン(ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店) なじみのブラウン&半そでで、甘いデザインに親近感。


02
シャープなVとゆれるすそを両立

カシュクールワンピース 5,000円+税/Auntie Rosa Holiday(アンティローザ) シャリ感があってリラクシー。首元から白を見せれば、ピンクもなごむ。


03
渋色だから試しやすいパフスリーブ

ボリュームスリーブマーメイドワンピース 36,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE 表参道本店) ベージュと粗い素材感が、映える形を身近なものに。


04
体型をごまかせる全面プリーツ

プリーツワンピース 89,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 縦に流れるプリーツが、すっきりとしたラインを演出。淡いブラウンでフェミニン度も加速。


05
細見え効果もねらえるかわいい黒

黒ワンピース 58,000円+税/マーレット(サザビーリーグ) やや長め&ボリューミィなそでは、二の腕カバーにも有効。日常づかいしやすいマットな質感。


06
派手に見えないひかえめなティアード

ブラウンカットソーティアードワンピース 25,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) 肌へのなじみがよいうえ女性らしさも引き立つ、赤みの強いブラウン。
CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition&Text_Miyuki Kikuchi