GISELe

2020/07/14

黒・ベージュ・ブラウン|落ち着く3色なのにワクワクするアイテム10選

GISELe編集部

「ココのコレがいい」談義

シンプルな装いを高めるキーワードをGISELeスタイリスト陣に聞き込み。センスも実績もある6人の好みが反映された、気鋭のアイテムとは?


PLAYFUL
「落ち着く3色でワクワクするなら?」

黒・ベージュ・ブラウンの安心感はそのままに、気分転換をはかれるひそかな遊びの効いたデザインをリストアップ。


〈右〉Iラインを強化する切り替えデザインに惹かれる(岩田さん)。〈中〉適度な肌見せにより、ミリタリー感をおさえたエルメスのLOOKが絶妙(渡邉さん)。〈左〉今季は夏にあえて「重たい黒」を着るのも、新鮮味があっていい(高木さん)。


「サファリテイストの美形ワンピ」

ワンピース 23,000円+税/MACPHEE(TOMORROWLAND) サファリな雰囲気と甘いワンピのかけ合わせが珍しい。デニムをはく日、前を開けてアウターとしても使いたい(渡邉さん)。


「ボタンがわりにパールの装飾」

パールボタンダブルジャケット 100,000円+税/チノ(モールド) スタンダードなジャケットならインパクトのあるパール飾りも品を損なわず、どんな服とも合わせやすい(石関さん)。


「ひざ下が透けてセンシュアル」

ワイドパンツ 23,000円+税/BALLSEY(TOMORROWLAND) 今季らしいシアーな素材はトップスというよりも、私はボトムで試したい。茶系だと落ち着きを保てる(高木さん)。


「ヒールだけネオンカラー」

パンプス 23,000円+税/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店) ベージュと高発色なピンクの合わせが絶妙。先細の形ならキレイめな印象(岩田さん)。


「甘口なレザーという意外性」

ヴィーガンレザーブラウス 9,990円+税/THROW by SLY(バロックジャパンリミテッド) 黒のレザーというと辛口なデザインが多いですが、コレは女らしくて新鮮(樋口さん)。

CREDIT: Photography_Yusuke Tanaka(Ishizeki, Higuchi), Yuki Ueda(Watanabe, Iwata, Deguchi, Takagi) Design_Hana Nishimura(Ma-hGra) Cooperation_AFLO, Gettyimages Composition&Text_Riho Nawa