GISELe

2020/07/17

おすすめベージュメイク3選|融通がきく色を味方につける方法とは?

GISELe編集部

ベージュでいいより「ベージュがいい」


B
ベージュに遠慮はいらないから
>> キラめくことをためらわらずに

おとなしくおさまらないのにケンカしない相愛な組み合わせなら、ベージュとキラキラははずせない。極力色みをそぎ落とし「ねらった感のない」女っぽさをまぶた1つで大胆に表現したら、余分な装飾(メイク)もアクセサリーも不要。



ベージュベストジャケット 13,500円+税、ベージュベルトつきパンツ 11,000円+税/ともにフリークス ストア(フリークス ストア渋谷) ブラウンリブタンク 5,000円+税/ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店) ベージュパンプス 13,900円+税/A de Vivre


SPARKLING
□EYE COLOR
キラめいてなお、品がいい


4_ザ アイシャドウ L 164 Vimana 2,000円+税/アディクション ビューティ メタリックな輝きのベージュ。パウダーなのにぬれたような質感。5_リュクスアイシャドウ リッチ スパークル 01 4,200円+税/ボビイ ブラウン ぎっしりまばゆいラメでもベースがベージュなら、手にするハードルは低い。6_クリオ プロシングルアイシャドウ G15 1,200円+税/クリオプロフェッショナル(DOOWON) 太陽に照らされたビーチがイメージ。


HOW TO...

肌とつながるベージュの利点

ここでの色は脇役。まぶたを彩るというよりも、ラメ感だけを肌に薄膜として残すイメージ。肌色にとけ込むベージュだからこそ都合がいいメイク方法。<EYE>アイカラー(4)をブラシに適量含ませ、まぶたにしっかり密着させるように置いていく。一気にのせず、少しずつ重ねていく。こうすることで、自分に似合うちょうどいいキラキラを見極めることができる。と同時に、まぶたへのラメのフィット感が格段に上がるので、まばたきや表情の動きにヨレにくい仕上がりになる。<CHEEK & LIP>ほんのりピンクを感じる色でリンクさせてヘルシーさを確保。

CREDIT: Photography_Kyosuke Azuma(model), Yuki Ueda(still) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Keiko Watanabe(KIND)Model_Liza Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya