GISELe

2020/07/20

期待を裏切らない「ベージュ」コスメ4選|使えるアイテムとは?

GISELe編集部

ベージュでいいより「ベージュがいい」


C_ROUGE
「落ち着く色の中でマイナーチェンジ」

「強気なマットもベージュなら」
たとえば、「透ける赤」や「ツヤのあるブラウン」に等しい考え方。色と質感、どちらかをゆずることでハードルはおのずと下がるもの。二の足を踏んでいたマットルージュの入門として、ベージュは適役といえる。


D_NAIL POLISH
「守りのようでいて攻めている」

「“うまいベージュ”を見定める」
アイボリー、グレージュ、キャメル……。ベージュはさまざまな色のニュアンスを集めた解釈の広い色で、トレンドに呼応して常に流動する。なかでもキャッチアップ速度の速いネイルはアップデートを惜しまずに。


- USE ! -
さらなるムードを生むベージュ
使用したのはベージュが持つ、保守的なイメージを軽やかに超える厳選された「理由あるベージュ」。

A.オサジ ニュアンス ブラッシュ d01 zanzou 2,800円+税/日東電化工業 ほんのり血色感を上げながら、ソフトにシェイディングもできる。全方位型から支えるスキントーンチーク。 B.ヴォランタリー リキッドアイ&ラッシュ 02 3,200円+税/セルヴォーク アイカラー、アイライナー、マスカラに使える。パウダーでもクリームでもないみずみずしいマット感。 C.リファインドコントロール リップペンシル 01 2,500円+税/THREE 色も形も。思いどおりに唇の理想を描くリップペンシル。重ねるルージュやグロスとの相性がいいセミマット。 D.ラ ラッククチュール (右から)39・22 各3,200円+税/イヴ・サンローラン・ボーテ ミラーのようなツヤは指先にまとうドレスのよう。研ぎ澄まされたベージュを探すなら、まずココ。
CREDIT: Photography_Kyosuke Azuma(model), Yuki Ueda(still) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Keiko Watanabe(KIND)Model_Liza Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya