GISELe

2020/07/20

【コスメ】品格のあるベージュ|黒や赤コスメ以上にスタイルを生む理由

GISELe編集部

ベージュでいいより「ベージュがいい」


G_BLURRY
「ぼかすことで整う骨格」

「光であり影でもある」
光だけが残る、または重ねることで影の役割をはたす。ベージュの効果は多岐にわたる。キャメルナイロンパーカ 28,000円+税/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) 白ニットレギンス 14,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE 表参道本店) 黒フラットサンダル 7,700円+税/ティキーズ(シップス エニィ 渋谷店)


H_CARVING
「悪目立ちせず埋もれもしない」


「血色だけを都合よく」
肌につかず離れずなサーモン寄りのベージュなら、内側からにじむような血色をたやすく表現できる。血色を上げることで、おのずと顔立ちに立体感ができるので、パール感はなくていい。グロー プレイ ブラッシュ ソー ナチュラル 3,500円+税/M・A・C ジェルクリームのようななめらかなテクスチャー。


I_AUTHENTIC
「端正なたたずまい」


「透過するベージュ」
強気な色もいいけれど、色というよりオシャレな空気だけをまとう感覚で、あえてクリーンに仕立てた足先もまたいい。先端まで美意識が行き届いた美しい人のたたずまい。ザ ネイルポリッシュ 002P Bustier 1,800円+税/アディクション ビューティ シルバーパールが繊細に輝くミルキーベージュ。
CREDIT: Photography_Kyosuke Azuma(model), Yuki Ueda(still) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Keiko Watanabe(KIND)Model_Liza Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya