GISELe

2020/07/26

GISELe厳選40アイテム|「分類しがたい服」だから選ばれたワードローブとは?

GISELe編集部

「垣根のない服」

用途を1つに定めない。行き先にも予定にも動じない。分類しがたい服こそ、多くの可能性を秘めていることに着目した、垣根をなくしたワードローブによる着まわしを新提案。第一印象や固定観念をリセットし、とらわれない目を持つことでもっと長く、さらに深く、着る楽しみは持続する。


WARDROBE
目的は1つじゃない
「垣根のない」ワードローブ

色や用途、第一印象など。「ひと言では言いあらわせない」をプラスにとらえたワードローブを構成。そのどっちつかずな印象が、スタイリングの幅や着る目的、場合によっては季節感さえ超えてくれる。

1.「シャツ感覚の心地よさ」

リネン混ジャケット 12,000円+税/Ungrid こなれて見えるルーズなサイズ。


2.「マイルドなブラウンフレーム」

サングラス 3,500円+税/SNIDEL 合わせやすいボストン型。


3.「眼鏡にも透明感」

眼鏡 40,000円+税/ayame(アヤメ) 品よく涼しげなクリアベージュのフレーム。


4.「目立たないグリーン」

ミントスエードパンプス 25,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa


5.「ゆるく見えないオーバーサイズ」

ブルーシャツ 24,000円+税/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店)


6.「黒と白の間で」

グレータンクトップ 6,300円+税/ROLLA’S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)


7.「きゃしゃな黒」

黒タンクトップ 6,500円+税/LENO(グッドスタンディング) シャリ感のあるリブ。


8.「色も質感も肌になじむ」

ベージュタンクトップ 11,000円+税/アーセンス ノンストレスな薄手生地。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya, Koichi Sakata(still〈cutout〉) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando