GISELe

2020/07/28

ノンストレスで「それなり以上」は顔まわりでつくる|4つのおすすめスタイル

GISELe編集部

「垣根のない服」


LIP COLOR
「白ベースの中で知的に華やぐ丁寧なコーラル」
フェミニンにもハンサムにも振れるストライプシャツの方向性を定めるリップのワンストローク。気品のあるコーラルピンクをさし色として採用。


0:15 P.M.
LUNCH TIME
アクセを排除したぶん、リップメイクに手間をかける
ブラウンメッシュシューズ 29,000円+税/ペリーコ・サニー(アルアバイル) 白リネンショートパンツ 18,000円+税/ELENDEEK バッグ 22,000円+税/アディナ ミューズ(ADINA MUSE SHIBUYA) リネンシャツ 32,000円+税/POSTELEGANT(エスケーパーズオンライン) 服と同じぐらい、人の印象を左右するリップの色。ショートパンツも白でまとめたトーンには、ヘルシーなオレンジリップも似合うけれど、もう一歩大人の女性をめざすなら、かわいげがありつつ洗練されたコーラルピンクがベター。

ルージュ アリュール 179 4,200円+税/シャネル サテンの光沢をまとったコーラルピンク。なめらかなつけ心地と鮮やかな発色が特徴。©CHANEL


LAYERED + LAYERED
「トップスもアクセも重ねるひと手間」
たとえラフなトップスでも、発想次第でオフィス仕様に転換できる。色づかい、重ね方、顔まわりの小物づかい。この3つで印象操作。


4:00 P.M.
AFTERNOON MEETING
ニットの抑揚とアクセのセンスが物語る「感覚のいい人」
眼鏡 40,000円+税/ayame(アヤメ) ミントスエードパンプス 25,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa ベージュニット 19,000円+税/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) ストーンつきピアス(片耳) 19,000円+税/MARIA BLACK(ショールーム セッション) バックオープントップス 12,000円+税/G.V.G.V.(k3 OFFICE) 白パンツ 32,000円+税/ebure シルバーバングル 55,000円+税/TAPLEY(エスケーパーズオンライン) ベーシックでありながら、定番色の黒と白を使わないことが個性につながるトップスレイヤード。さらにクリアベージュの眼鏡やユニークなピアスなど、こだわりが光る小物を散らし、ねらうは「スマートな着飾り方をわきまえた人」。
CREDIT: Photography_Shohei Kanaya, Koichi Sakata(still〈cutout〉) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando