GISELe

2020/07/31

黒と白のモノトーンは「ハンサムを貫くか、レディに寄せるか」

GISELe編集部

「ゆるくないモノトーン」


- MANNISH -
01 「白多めでも成り立つマニッシュ」
スラックスと無造作に肩がけしたカーディガン。メンズライクな要素は白だけにしぼり、ミニマルな黒で締めることで、今にふさわしい軽やかさも獲得。

シアーな素材が都会的なハズし役
パンツ 47,000円+税/ヴィンス(Vince 表参道店) カーディガン 36,000円+税/FACETASM(FACETASM omotesando) トップス 41,000円+税/ヴィンス(Vince 表参道店) サンダル 13,000円+税/ ソル サナ(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ベルト 13,000円+税/ニアー ニッポン(ニアー) 太めのベルトをさすことで、古風な紳士のような重厚感が。こなれたムードを引き寄せる透け素材のカーディガンは、コーディネート全体の重さを引き算するのにも一役。


02 「端正なフォルムをレイヤード」
ソリッドなシャツドレスに、縦長感を強調するジレですらりとしたフォルムが完成。体の凹凸を隠すのに都合よく、余白がありながら、ゆるさとは一線を画す重ね方。

ナチュラルを回避するテーラード
ジレ 48,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) ワンピース 9,900円+税/ノーク バイ ザ ライン(N.O.R.C) ローファーシューズ 30,000円+税/リーガル(リーガル コーポレーション) ピアス 5,000円+税/ニナ・エ・ジュール(メゾン イエナ) バッグ 16,000円+税/アディナミューズ(ADINA MUSE SHIBUYA) 服の重さに対して抜けが必要だからつっかけを。ローファーなら正統派な表情もキープ。


03 「ハーフパンツ1つで辛口に回帰」
フェミニンにもなりかねないトップスをミニマルなボトムでハンサムにとどめる。足元はあえてパンプスにして、「強すぎないマニッシュ」を表現。

ヒールが似合うマニッシュもある
コットンタックハーフパンツ 18,000円+税/エトレトウキョウ マルチウェイトップス 17,000円+税/little $uzie パンプス 37,000円+税/KATIM シルバーネックレス 12,100円(税込み)、スネークチェーンネックレス 5,500円(税込み)/ともにyurika_akutsu バッグ 37,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) 脚の肌感は、リボンの無造作な動きでカバー。
CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca・model), Yuki Ueda(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Liza Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition&Text_Chiharu Ando