GISELe

2021/05/20

「服が老けない」プロが教える「夏の洗濯テクニック」まとめ

GISELe編集部

服の快適メンテナンス



⑥KEEP FRESH
「おろしたて」を保つ工夫
夏服のお手入れには、この季節ならではの気をつけるべきポイントがまだまだ多い。スルーせず、このタイミングに見直して解決を。

Ⓠ白とオフ白・色もの。
同じ洗剤でいいの?


A1:それぞれにベストな選択を
☐白い洋服をより白くキレイに洗いあげたいときは、弱アルカリ性の粉末洗剤とお湯で洗いましょう。
☐逆に色ものや柄のあるものは裏返しにして、色あせを防ぐ目的の中性洗剤でやさしく洗いあげるのが、長く鮮度を保つためにベストな選択(松延さん)

A2:オフ白に蛍光増白剤は避けて
☐↓の写真右は白の明るさを保ち、白が色落ちしてくすんだところを補ってくれる白もの用洗剤。左は色柄を守り、濃く鮮やかな色をきわ立てる洗剤で、オフ白にも使えます。
ナチュラルな風合いのオフ白には、蛍光増白剤は非推奨。表示をよく見て洗剤を選んで(下岡さん)

〈右から〉ホワイトデタージェント Classic、ダークデタージェント Classic 各1L 各3,850円(税込み)/ともにTHE LAUNDRESS 右は白さにこだわった仕上がりに。左は濃い色や鮮やかな色の衣類を色あせさせない。


Ⓠシャツをしゃんと着るためには?

A1:干す段階でハンドアイロンを
☐ぬれた状態で生地の両面を手のひらではさんで、パンパンとたたくようにハンドアイロンをすると、アイロンがけしなくても仕上がりがビシッとします(JUNNAさん)

A2:あらゆる方法でシワ回避
脱水の時間は短め(1分程度)にして、干しながら自重でシワをのばします。
☐シワ取りスプレー(寝グセ直しヘアスプレーでもOK)を使うとさらにシャキッと(ハナさん)




ⓆふっくらとしたTシャツの
質感を保つには?


A1:柔軟剤を入れ、脱水は短めに
☐ふんわり仕上がる柔軟剤を使って、効果的にふっくら感を補いましょう。
脱水時間は短く1分くらいにして、形を整えながら陰干し。裏返して干すことも強い日差しから生地を守るために有効なポイントです(ハナさん)

A2:えり元をゴムでとめて洗濯
えり元がのびないように軽くゴムでとめ、ネットに入れて洗濯するのがオススメ。干すときは振って空気を含ませ、直射日光は避けましょう。
☐綿100%やヘビーオンスのTシャツなど、ゴワつきやすいものは、適量の柔軟剤やオシャレ着洗いを使って(下岡さん)

〈右から〉ホワイトリリー ファブリックソフナー 520mL 1,800円+税/シロ 清潔感のあるホワイトリリーの香りが続く。ラボン ルランジェ 柔軟剤 シャイニームーン 600mL 665円+税/ネイチャーラボ 衣類をやわらかくなめらかに仕上げる。



Ⓠプリーツスカートの
メンテナンス法は?


A1:プリーツを粗く縫って固定
☐洗う前にしつけ糸で粗く縫うとくずれにくく、干すのもスチームアイロンをかけるのもラクです。
☐とれかけたプリーツはクリップや洗濯ばさみで固定して、引っぱりながらアイロンをかけると多少は戻ります(ハナさん)

A2:プリーツの形状に逆らわない
☐プリーツをくずさないように縦に数回細く折り、長さも折りたたんで洗濯ネットに入れて洗うこと。
干すときは角ハンガーを使って筒状に。形状記憶が難しいものは迷わずプロにまかせて!(下岡さん)

CREDIT: Composition.Text_GISELe