GISELe

2020/08/19

海外スナップでわかる定番トップス「Tシャツ・シャツ・ブラウス」の活用術とは?

GISELe編集部

「色あせずに」回るもの

SNAPをヒントに、スタイリングの土台となるベーシックアイテムを深掘り。アイテムそのものの選びとこなし方、組み合わせや配色など…。「シンプルの中にひそむ“今”」をスタイリストが解説します。


SIMPLE TOP
「普遍的なTシャツ・シャツ・ブラウス」

ボトムや小物次第で印象が激変する、定番トップスの活用術。Tシャツ=ラフ、シャツ=まじめと、既成イメージにしばられず、逆のテイストを合わせてみると着まわしの可能性が格段に広がる。


A.「ALL白にナチュラル小物」



B.「ロゴTにはまじめなバッグ」



渡邉さん Aの白Tを使ったオール白に、ベージュ系小物をさしたバランスに注目。見慣れた黒もローファーではなくジュートサンダル、BIGトートではなくミニポシェットと、軽やかで肌感が強調される選びが新鮮。カジュアル一辺倒になりがちなTシャツは、小物によるバランス調整が重要だと思っていて……。Bは、ともすると子どもっぽくなりそうな白T×スニーカーに、かちっとしたバッグを合わせて大人っぽさを足したさじ加減が見事。
樋口さん 無地のボトムを持っている人が多いと思うので、BみたいなロゴTは着まわしやすいはず。グリーンのロゴは目立ちすぎず、メンズライクに着られるので私も手にとることが多いです。

CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa