GISELe

2020/08/20

「ラクして女らしい」が見込める優秀パンツ|海外スナップ

GISELe編集部

「色あせずに」回るもの

SNAPをヒントに、スタイリングの土台となるベーシックアイテムを深掘り。アイテムそのものの選びとこなし方、組み合わせや配色など…。「シンプルの中にひそむ“今”」をスタイリストが解説します。


LADYLIKE PANTS
「ラクして女らしいが見込めるパンツ」

着まわしやすいボトムとして選ばれたのは、体型を隠しつつ女性らしさもかなうゆるいシルエットのパンツ。定番色とデニムにしぼり、組み合わせアイディアをリサーチ。


A.「思いきって“肌がのぞく白”を」



B.「あせた寒色どうしのグラデーション」



C.「ジャケット合わせで適度にきちんと」



渡邉さん 涼しげな白×水色デニム(A)は、Tシャツではなくノースリで肌を強調すると緊張感が生まれて女らしく着られます。薄色デニムにリラックスしたムードが漂うので、トップスはコンパクトなものが好バランス。Aはアシンメトリーな形で好み。
岩田さん キレイ色が人気の今シーズンはとくに、淡い色のトップスともコントラストが強くない薄色デニムの出番も増えるBのようにあせた寒色どうしでそろえたい。
樋口さん 私自身もよくはく白デニム。Cみたいに少し余裕のある形だとコンサバっぽくならず、トップスとのバランスもとりやすくなります。今年はこんなふうにジャケット合わせをしたいともくろみ中。

CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa