GISELe

2020/08/20

GISELeスタイリストの支持が集中した「穏やかなトーンのAラインスカート」

GISELe編集部

「色あせずに」回るもの


H.「重厚な小物づかいも似合う」



岩田さん ナチュラル素材の小物やビーサンで飾ると、また違った顔が楽しめそうですね。Hみたいに鎖骨がのぞくタイプのワンピは、リース中にも見かけました。
樋口さん 体型を隠せて着やすいぶん、やぼったく見える恐れもあるこの手のシルエットは、胸元や腕をしっかり見せることでオシャレなバランスに。上半身に抜けがあるぶん、黒レギンスやデニムを仕込む着方もアリだと思います。
岩田さん コンバース合わせなど、足元をカジュアルダウンさせるのもよさそう。


TALK ROOM


MAKIKO IWATA
きちんと感を保ちつつ、旬要素をとり入れたスタイリングを提案。遊び心の効いた小物を選ぶことが多く、今回のSNAPでは色バッグが気になったそう。



KAORI HIGUCHI
シンプルなのに目を引くシルエットバランスに多くの支持が。そでのまくりぐあいやインナーの見え加減など、小さなポイントにもこだわりが凝縮。



KEIKO WATANABE
品がよくて女性らしいアイテム選びと、スタイルUPをあと押しする、はおりや小物の使い方に定評あり。私服は動きやすさを重視したワントーンが多め。
CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa