GISELe

2020/08/25

おすすめミリタリージャケット5選|無骨さを払拭した進化系に再注目!

GISELe編集部

「バッグに入るジャケットを」

カーディガンのように、バッグに入れて持ち歩けるくらいの手軽さ。だけどジャケットとしての役割もきちんと果たす。「重さ」などジャケット特有のストレスを払拭した、最終選択をナビゲート。


MILITARY TASTE
無骨さを払拭した進化系デザインで再注目

甘いデザインや色、テイストを締める便利なミリタリージャケットが進化。半そでやダブルポケットのシャツタイプ、ウエストベルトにノーカラー、リネン素材など今季らしさを部分的に投入した多彩なラインアップ。


白一色にはおるだけの簡単なレパートリー
テクニックを要するオール白、甘いスカートやワンピースに合わせるだけで、欲しいバランスが手に入るカーキのミリタリージャケット。選択肢も増えたキレイ色との合わせにも、重宝するアイテム。

カーキジャケット 11,000円+税/Ungrid 白Tシャツ 10,000円+税、バッグ 25,000円+税/ともにnagonstans 白スカート 33,000円+税/SPELL、サンダル 11,000円+税/SOL SANA(ともにジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 腰位置高めに絞りを入れ、長めの丈でもスタイルよく見えるデザイン。


「いたってふつうでどこか新鮮」をつくる半そで
こちらはIラインのオール黒にはおるだけ。リラックスしたサイズ感、今季ジャケットに多く採用されている半そでが、ごく定番なアイテムの組み合わせを、さりげなく今に引き寄せる秘訣。

ジャケットは着まわし。黒トップス 17,000円+税/イン(ブランドニュース) 黒スキニーデニムパンツ 10,000円+税/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン) カチューシャ 17,000円+税/ALEXANDRE DE PARIS(アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店) 黒かごバッグ 36,000円+税/アラナス(エルディスト) 黒ミュール 5,900円+税/RANDA

CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Baya Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama