GISELe

2020/09/08

【メイク】 むしろ、ミニマムな「削ぎ落としメイク」が正解

GISELe編集部

「服を支えるメイクの手数」


01
LOOSE KNIT
(肌もシルエットも包み込む)
ラクしてキレイに働くハズれなき2トーン

B + E
ブロンズとオレンジ、そして肌が生きる目の粗いサマーニット。「太陽に親しい」でつながる、つかず離れずなちょうどいい距離感。


ダークブラウンカーディガン 42,000円+税/ユリナ カワグチ(ナリユカ) 白タンクトップ 6,000円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) ベージュショートパンツ 19,000円+税/アモーメント(SHOWROOM 233) バッグ 19,000円+税/JARDIN DEL CIELO(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) サンダル 5,900円+税/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN)

■POINT
チークの線形もリップの色もトリッキー。それでもしっくりおさまるのは「みずみずしく透ける」という共通項があるから(岡田さん)

HOW TO…
まぶたは指づけ。チークは鼻にかかるように山なりに入れた「日焼けチーク」。ともにブロンズ(B)でまとめ、リップには透けるオレンジ(E)。見慣れないストロークや色は素肌感を失わず、ライトにこなすとうまくいく。

CREDIT: Photography_Yuya Shimahara (model), Yuki Ueda(still)Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Natsuko Deguchi Model_Lera Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya