GISELe

2020/09/08

【メイク】 むしろ、ミニマムな「削ぎ落としメイク」が正解

GISELe編集部

「服を支えるメイクの手数」


03
FLOWER BLOUSE
(かわいいとなつかしいを半分ずつ)
ベージュリップに補う強さ

B + G
色過多にならないよう、顔まわりは引き算。ベージュとブロンズのミニマムな組み合わせを無難にしないよう、その相性を生かした重ねづけで光のエフェクトを追加。


花柄シャツ 11,000円+税/ROLLA’S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) デニムパンツ 28,000円+税/SEA(エスストア) ハット 4,980円+税/rienda(バロックジャパンリミテッド) サンダル 5,900円+税/RANDA

■POINT
ベージュリップを「シンプル以上」に仕上げるもうひと工夫として、ブロンズをトッピング。色に頼らずとも強さは出せます(岡田さん)

HOW TO…
Gをリップに直塗りした上からポンポンとかぶせるように、上唇の輪郭中央部分と下唇中央にBをのせていく。このひと手間で、唇にパンッと張ったような弾力と立体感が生まれキャッチーなポイントに。目元はぼかしこまず色を置くイメージで、二重幅に指づけ(B)。

CREDIT: Photography_Yuya Shimahara (model), Yuki Ueda(still)Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Natsuko Deguchi Model_Lera Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya