GISELe

2020/09/08

【メイク】 むしろ、ミニマムな「削ぎ落としメイク」が正解

GISELe編集部

「服を支えるメイクの手数」


05
BLACK RIB KNIT
(何にでも合う)
端正な黒とセンシュアルなピンク

A + D + G
ここでピンクが担うのはかわいさではなく、黒をしゃんと着るための血色感。ほかのパーツも含め、塗った感がない薄いヴェールのような仕上がりを意識したい。


黒リブTシャツ 7,000円+税/LENO(グッドスタンディング) ブラウンロングスカート 30,000円+税/グリード インターナショナル(Greed International Fukuoka Store) ネックレス(大) 49,000円+税/ニナ・エ・ジュール(CASA FLINE 表参道本店) (小) 28,000円+税/e.m.(e.m. 表参道) バッグ 9,800円+税/Lily Brown サンダル 23,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa

■POINT
フォギーなメイクが黒の強さでくすまないよう、毛流れを立ち上げた眉、ウエットなヘアでコントロールするとちょうどよく整います(岡田さん)

HOW TO…
チップにAを適量とり、二重幅にやわらかい陰影をプラス。チーク(D)はほおの中央に大きい逆三角形にぼわっとにじませる感覚で、指でトントンとなじませていく。チークを広範囲にするぶん、下まぶたはレスでOK。ベージュリップ(G)はリップラインよりひとまわりオーバーに。ラフな直塗りでぽってり。なじみつつ目を引くフォギーに仕立てて。

CREDIT: Photography_Yuya Shimahara (model), Yuki Ueda(still)Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Natsuko Deguchi Model_Lera Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya