GISELe

2020/09/09

メイクの「更新」していますか?|プロ愛用の「トレンド肌」を作る3つの名品コスメ

GISELe編集部

「プロを支える現場コスメ」

「服に合う」がすべてではない。あらゆる要望に応じるべく、試行錯誤を重ねたプロの仕事道具から得られる学びは多い。


コスメ一覧はこちらから


TOMOKO OKADA


岡田知子
さん

内在する色気を見極めて、的確に引き出す業界屈指のクリエイター。メイク技術の高さはいうまでもなく、コミュ力と気づかい力の高さで、誰からも一目置かれる懐の深い人。


DATA

MAIN :

屈強さが取りえのリモワのアルミボディでも、ハードワークゆえ、ハンドルやホイールの故障は多数。修繕を繰り返しながら、10年以上、岡田さんと行動をともに。海外での撮影も多く、渡航回数は50〜60回に及ぶ。


SUB :

アメアパのボストンには主にヘアアイテムを。収納力、耐久性にほれ込み、アメアパが日本を撤退するタイミングでストックをキープしたほど。


POINT :
シーン、環境、モデルの顔立ちやコンディション……。思いつく限りの気配りが目いっぱいにつまっている。岡田さんらしさを如実に物語るどこまでもクリーンで整ったラインアップ。

LIP COLOR...78本
EYE COLOR...45個
MAKE-UP BRUSH...50本
NAIL POLISH...30本


CREDIT: Design_Fuka Okamura(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya