GISELe

2020/09/09

メイクの「更新」していますか?|プロ愛用の「トレンド肌」を作る3つの名品コスメ

GISELe編集部

「プロを支える現場コスメ」


001

色ものには鮮度を求める

服と同様にメイクも「更新」が不可欠。無印のバニティケース3つのうち2つ(右・中)には今季の最新作。左には前シーズンの新色からえりすぐりをしぼりにしぼって。この構成で毎シーズン更新をかけて新陳代謝させています。


002

今の空気は肌に宿る
トレンドがあからさまに表面化するベースは常にアップデートするべき。NARS、ローラメルシエ、ジバンシイの3品は、素肌感を失うことなく、ナチュラルなヴェールがかかる、今の空気をかもし出すことに優れた製品です。


003

用途が細分化されたブラシ
マスカラは使い捨てのスクリューブラシでつければ、ダマにならないし、衛生的。下まつ毛にはセフォラで買った直線カットのブラシ、眉毛や生えぎわなど、細部の毛流れを整える作業には江戸屋の歯ブラシがフィットします。

CREDIT: Design_Fuka Okamura(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya